【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

Rippleのことを調べていると必ずと言っていいほど目にする【SWIFT】という言葉。国際送金を行ったことがある方はご存知かもしれませんが、知らなかったという方もまだまだ多いと思いますので、今回は「SWIFTってなに?」を一緒に紐解いてみましょう。


国際送金の仕組み

恐らくRippleのことを調べていると、これらを一度は目にしたかと思います。

【 国際送金 】
【 SWIFT 】

国際送金を一度でも行った経験のある方であればご存知かもしれませんが、筆者を始め普段の生活の中ではなかなか経験することはないかと思います。

しかし、Rippleのシステムと国際送金そしてSWIFTはとても重要な関係にあります。

そこで、まずは「SWIFTとは?」「国際送金の仕組みはどうなっているのか?」にフォーカスして一緒に学んでいきましょう。

SWIFTとは?

SWIFTは、国際銀行間通信協会(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)と言います。

SWIFT公式サイトによると、

SWIFTは加盟者が所有するグローバルな協同組合で、高度に安全化された金融メッセージングサービスを提供する金融業界の標準化団体です。

この説明ではいまいちピンと来ませんね。

日本国内で送金する場合、開設した銀行口座から指定の銀行口座へ振り込むだけで簡単に送金できますよね。
しかし送金と言っても、銀行から銀行へ実際にお金を移動させているわけではありません。
電子信号を送っているだけです。

国内銀行どうしの送金の流れ

例えば、Aさんの〇〇銀行口座からBさんの△△銀行口座へ1万円振り込む手続きをしたとします。

まず、Aさんの〇〇銀行から、日本の中央銀行である日本銀行に「△△銀行へ1万円移動せよ」という【メッセージ=電子信号】が送られます。
そして日本銀行が[〇〇銀行口座から△△銀行口座へ一万円の振替]を行います。

なぜ日本銀行が必要なのかというと、各銀行間で物理的に資金を送り合いません。その代わり、各銀行は日本銀行へ口座を開設し、日本銀行が中央銀行として[〇〇銀行口座から△△銀行口座へ資金の振替を行う]仕組みになっているのです。

そして、「Bさんの口座へ1万円を移動せよ」という電子信号を受け取った△△銀行が、Bさんの口座へ着金処理を行います。
そのあとBさんが△△銀行口座の通帳を記入すると、「〇〇銀行のAさんの口座から1万円が入金」というデータが記録されるのです。

これはお金が実際に動いたわけではなく、あくまでも電子信号のやりとり、そしてその電子信号を私たちが信頼しているから成り立っています。

つまり銀行の本質的な仕事としては、

「電子信号の管理」と
「電子信号の信憑性の管理」ということになります。


しかし、それが日本国外への国際送金となると少し状況が変わってきます。

国内の送金は日本の中央銀行「日銀」が、銀行間の電子信号を「A銀行からB銀行へ、C銀行からD銀行へ」と動かしているため問題はないのですが、国際送金には日銀にあたる「世界の中央銀行がない」のです。

そこで、各国ごとに大きな銀行が口座を開き、電子信号のやりとりを行いますが、ここでSWIFT海外送金ネットワークを用いて電子信号である【送金メッセージ】のやり取りが行われるのです。

また、国際送金となると、国内送金と異なり外貨への両替が必要です。
そのため銀行は【JPY・USD・EUR・CAD】など必要な通貨を複数準備しないといけません。このため大きな銀行は通貨ペア(JPY/EURなど)や莫大な備蓄資金(ノストロ資金)を用意しています。

莫大な資金を用意でき、日本の中央銀行のような役割をする大きな銀行を「コルレス銀行」といい、日本では三菱UFJ銀行がほぼ独占しています。

Cさんが日本のZ銀行(地方銀行)から、アメリカのDさん宛にW銀行へ国際送金する場合

SWIFTによる国際送金の流れ
  1. CさんがZ銀行で国際送金の手続きを行うと、Z銀行から日本のコルレス銀行(仮に三菱UFJ銀行とする)へ、「◯円を送金せよ」という送金メッセージが送られます。(前述した日銀がZ銀行から三菱UFJ銀行へ振替を行います)

  2. 送金メッセージを受け取った三菱UFJ銀行から、米ドルの主なコルレス銀行(仮にシティバンクとする)へ送金メッセージが送られます。

    このとき、[シティバンクが三菱UFJに開設しているJPY口座(*ノストロ口座)]へ三菱UFJ銀行がJPYの入金を行います。

    *ノストロ口座:コルレス銀行は、各通貨のコルレス契約をしている銀行へ(ここでは三菱UFJ銀行とシティバンクがコルレス契約している)口座を開設しており、それを【ノストロ口座】と呼びます。

  3. シティバンクは、[三菱UFJがシティバンクに開設しているUSD口座(ノストロ口座)]からUSDを出金します。そして、シティバンクの口座からW銀行口座へ、アメリカ独自の資金移動方法でUSDの振替が行われます。

  4. 送金メッセージ受け取ったW銀行がDさんの口座へ、◯ドルの着金処理を行います。

この一連の流れの中で、さまざまな問題があります。

SWIFTでの問題
  1. 手数料が高い:目安2000〜6000円
  2. 時間がかかる:2〜4日
  3. 手数料の不透明性
  4. 送金状況の不透明性

1.手数料が高い

それぞれの国の銀行は、それぞれ独自の決済システムを使用しています。『決済システム』の差を埋めるには『人の手』が必要となり、このような理由から海外送金の手数料は非常に高くなります。

前述のコルレス銀行は、数自体が少ないため「手数料が安くなる」という競争原理が働きません。むしろ複数の中継銀行を通すため「銀行を介すたびに手数料がかかる」という状態に陥ります。

また通貨を変換しますので、当然のことながら為替変動の影響を受けます。さらには為替変動の影響とは別に為替手数料がかかります。
よって、『送りたいお金+為替手数料+銀行手数料』を支払う必要があり、手数料が高くなります。

2.時間がかかる

いくつもの中継銀行を経由すればするほど、多くの人を必要とする作業に加えて、時差の問題や銀行の営業日時の問題が出てきます。

このように多くの人間が、多くの時間をかける作業であれば、必らずいつかどこかでミスが起きます。
銀行にとっては、1000回に1回起こる『送金ミス』であろうと、当人にっとては『大切なお金』が送れず、届かない致命的なミスとなります。

送金が失敗した場合1週間以上かかることもあります。

3.手数料の不透明性

SWIFTで海外送金を行った場合、多種多様なルートを巡り目的の銀行へ着金するため、途中のどこかで手数料が引かれていることがあります。

しかし、その詳細は送金人も受取人も事前に把握することはできず、銀行へ着金しないと分からないのが現状です。
そのため、「入金金額が請求書よりも少ない」ということも起こり得ます。

4.送信状況の不透明性

海外送金は多様なルートを巡りますが、それを全て同時に確認できる主体が存在しないため、送金到着がいつになるかが事前にわからず、規制その他の理由で中継地点のどこかで引っかかっても、その現状を把握することが難しいです。

SWIFTとRipple

SWIFTが誕生する以前から考えると、SWIFTの果たしてきた役割は非常に重要なものです。

しかし、現行のSWIFTシステムは多くの問題を抱えています。

そこで誕生したのが「Rippleシステム」です。

今回は具体的には説明しませんが、Rippleシステムでは以下が可能となります

Rippleシステムで可能なこと
速い
数秒以内に取引完了
安い
手数料ビジネスではないため、SWIFTより安価
透明性がある
即時取引のため全て把握可能

一方でSWIFTは、Rippleへの対抗として、新しく「SWIFT gpi」と呼ばれるプロジェクトを始動させています。

SWIFT gpi
送金スピード
送金依頼受付から24時間以内(50%は30分以内に着金)
送金手数料
手数料の開示が可能に
透明性
銀行からの情報により、リアルタイムの追跡が可能

これらは、それぞれのシステムが十分に稼働可能な状況になったときのスペックの比較です。

銀行がリップルの送金システムを使おうとすれば既存のSWIFTも一緒に運用することになり “二重の手間やコスト” がかかります。

SWIFTはリップルより送金に関して何十年と先行していた分、国際送金においては顧客数11000を超える金融機関を繋いでいるのに比べて、リップルは顧客数100以上とまだまだ開きがあります。

国際送金は今後もますます拡大していく中で、SWIFTとRippleの重要性が増していきます。
SWFITは顧客流出を防ぐために、新しい技術の開発にも挑戦していくことでしょうから、今後もSWIFTとRippleの開発は要注目です。

SWIFTについてまとめてみましたがいかかでしたでしょうか?
今後このSWIFTとRippleの国際送金が世の中をどのように変えていくか、今後も注目していきましょう。

↓自動売買ロジック研究チームからのオススメ投稿↓

タルムード戦略の詳細記事はこちら

おすすめ記事


この投稿のライター

OhMyCryptoNews編集部です。読者の皆様にとって価値ある情報を届けられるよう日々邁進致します。分散型取引所(DEX)に関する情報や海外取引所関連情報にアンテナを立てております。

関連するキーワード


SWIFT Ripple|リップル

関連する投稿


【概要】StellarとRippleとの違いは?特徴と将来性|StellarportとStellarXの紹介

【概要】StellarとRippleとの違いは?特徴と将来性|StellarportとStellarXの紹介

Stellarは、Stellarの認知度の向上の為、11月に140億円規模のAirDropを行い非常に話題となりました。 Stellarが構築しようとしている国際送金プラットフォームは、世界中のあらゆる企業が開発・採用しつつある状態にあり、銀行や金融機関とどのように折り合いをつけていくのか注目されています。 そして、Stellarは分散型取引所(DEX)のプラットフォームとしても有能であることから、今後仮想通貨市場にどのような影響を与えていくのか見ていきましょう。


【仮想通貨ニュース】Binance|基準通貨にリップル(XRP)が追加される可能性

【仮想通貨ニュース】Binance|基準通貨にリップル(XRP)が追加される可能性

中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEOであるジャオ・チャンポン(趙長鵬)がリップル(XRP)がバイナンス取引所の基準通貨になる可能性を示唆するような発言をした。


【2018年】分散型取引所DEXのランキング3|1位は「IDEX」

【2018年】分散型取引所DEXのランキング3|1位は「IDEX」

分散型取引所は各取引所、各プロトコルによってその特性が異なり、単一の指標でおすすめ度を評価することは困難なので、今回は日々DEXの機能を研究しているOMC News編集部が独自の目線で評価したランキングを公開させていただきます


【解説】Ripple/DEX関連トラブルを事例で紹介

【解説】Ripple/DEX関連トラブルを事例で紹介

RippleといえばDEX、DEXといえばRipple。最近DEXがハッキングリスクに強いことで注目が集まっていますが、正しく利用しなければ必ずリスクが伴います。 今回は、DEXを利用する際に気をつけたいトラブルについて、事例を元に解説していきます。


【解説】RippleのxCurrent/xVia/xRapidとは? | 分散台帳技術を利用した国際送金ソリューション

【解説】RippleのxCurrent/xVia/xRapidとは? | 分散台帳技術を利用した国際送金ソリューション

Ripple(リップル)社はRippleNetによってIoV(価値のインターネット)の実現を目指しています。 では、RippleNet(リップルネット)とは何なのか? RippleNetを知るには、3つのソリューションであるxCurrent、xVia、xRapidの説明が欠かせません。 ここでは、xCurrent、xVia、xRapidと共にRippleNetの全容を徹底解説していきます。


最新の投稿


【メリット】DMMBitcoinを利用するメリットとは何?

【メリット】DMMBitcoinを利用するメリットとは何?

仮想通貨取引所の数は次第に増加してきていますが、今回はDMMBitcoinを利用するメリットにはどのようなものがあるのかご説明いたします。


【入金方法】DMM Bitcoinの入金方法を解説!!(2019年最新版)

【入金方法】DMM Bitcoinの入金方法を解説!!(2019年最新版)

DMM BitcoinはDMM.comが運営している仮想通貨取引所です。どこの仮想通貨取引所を利用しようか迷っている方は、DMM Bitcoinでの入金方法は難しいのか、入金方法の種類にはどんなものがあるのか気になりますよね。そこで入金方法について具体的に解説しますので参考にしてください。


DMM Bitcoinのリスクって?知っておくべきリスクをご紹介

DMM Bitcoinのリスクって?知っておくべきリスクをご紹介

この記事では、DMM Bitcoinの利用を考えている方に向けてDMM Bitcoinを利用するリスクをご紹介します。 リスクを知った上で登録しておくことで、対策を練ることができます。 安全に資産運用をするためにもリスクは知っておくべきでしょう。


【評判】DMM Bitcoinの評判って?気になるDMM Bitcoinの評判を徹底解説!

【評判】DMM Bitcoinの評判って?気になるDMM Bitcoinの評判を徹底解説!

大手仮想通貨取引所であるDMM Bitcoinの評判をご紹介します。 仮想通貨取引所の口座開設を考えている方は参考にしてみてください。


【比較】自動売買ツールおすすめ6選!機能・料金・手数料等で自動売買ツール比較

【比較】自動売買ツールおすすめ6選!機能・料金・手数料等で自動売買ツール比較

仮想通貨を自動で運用するサービスがあるのを知っていますか? 仮想通貨市場が冷え込む中、長期保有で大きく稼ぐのは難しくなってきています。そこで注目されているのが、仮想通貨の自動売買サービスです。 今回はおすすめの仮想通貨の自動売買ツールを6つ紹介していくので、ぜひ参考にしてください。


bitbank

仮想通貨取引所3選

登録方法|利用方法|口座開設の記事一覧