【評判・口コミ】GMOコインのメリット・デメリットから口コミを検証

【評判・口コミ】GMOコインのメリット・デメリットから口コミを検証

「GMOコインが人気って聞くけど本当に使いやすいの?」初心者の方だとどこの取引所が良いのか迷いますよね。GMOコインの特徴は取引所(現物取引、レバレッジ取引)、販売所、仮想通貨FXが全て揃っていることや、証券やFX事業のノウハウを活かしたスムーズな売買や仮想通貨の送付など、初心者からFXトレーダーまで満足度の高いサービスを提供していると人気があります。まず始めるならGMOコインが使いやすくオススメです。


GMOコインとは

会社概要

GMOコインは2016年10月に設立された国内最大級の仮想通貨取引所です。

大手企業であるGMOインターネット(東証一部に上場)が運営元です。

会社概要
商号 GMOコイン株式会社
登録番号関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
住所〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
設立年月2016年10月
資本金17.58億円(準備金含む)
事業内容仮想通貨交換業
役員
  • 代表取締役会長:高島 秀行
  • 代表取締役社長:石村 富隆
  • 役員取締役:
    • 原 好史
    • 津国貴洋
    • 小谷紘右
    • 社外取締役:松島利幸
    • 監査役:山本 樹
株主
  • GMOインターネット株式会社
  • GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
  • GMOグローバルサイン株式会社
  • Fitech Source,Inc.
  • 高島 秀行
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 一般社団法人 日本仮想通貨ビジネス協会 一般社団法人 日本資金決済業協会

GMOコインの評判はどうなのか?

GMOコインは、2017年5月にサービスを開始した仮想通貨取引所です。
※厳密には、仮想通貨取引所ではなく仮想通貨販売所です。下記の記事にて詳しく記載していますのでご参照ください。

GMOコインは、GMOインターネット社のグループ企業でもあり、金融知識を豊富に有しているという特徴があります。また、東証一部上場のグループ企業に所属する会社です。

GMOはもともとFXや株式の取引会社で、通貨取引やセキュリティなどの管理体制においてノウハウの蓄積があるとされています。そのノウハウを用いて、システムの強固を保つことができています。
2017年5月31日に運営が開始され、その信用性から現在着実に利用者を増やしています。

【GMOコイン取扱い通貨】おすすめ取引所GMOコインの取り扱い通貨を解説!

https://ohmycrypto.news/articles/149

ビットコインを取り扱っている有名な業者の1つにGMOコインがあります。 この記事では、GMOコインの特徴を取り扱い通貨を解説いたします。

GMOコインの特徴をざっくりまとめ

・GMOコインとは、GMOグループが運営する仮想通貨取引所
・仮想通貨FX取引にも使われることが多く、最大10倍のレバレッジに対応
・仮想通貨販売所機能が充実しており、簡単に仮想通貨を購入可能
・GMOグループの信頼度や使いやすさが初心者から支持されている
・仮想通貨の取引手数料が無料

GMOコインの評判を確認してみた

大手取引所として有名なGMOコインですが、どのような評判を持たれているのでしょうか。
下記が、GMOコインに関する口コミのまとめです。

・日本円を通してしか取引ができない
・初心者にも使いやすい
・スプレッドが高いため手数料が高い
・送金限度額がある

このような口コミが見つかりました。
こちら4点の評判の真偽に関して検証していきます。

評判1 | GMOコインは日本円を通してしか取引ができない!?

日本円を通してしか取引ができないということは、つまりコイン同士の取引ができないということです。

大きく分けると下記2種類の取引方法があります。

〜取引方法〜
方法1. 日本円でコインを買う
例:1万円で0.027BTCを購入する
方法2. コイン同士で取引をする
例:0.27BTCで1ETHを購入する

つまり、GMOコインでは、方法2ができないということです。

Liquidやbitbankではコイン同士の取引ができるので、こちらの点に関しては大きなデメリットとなってしまうのではないかと考えられます。

GMOコインではコイン同士の取引ができないってホント!?

本当にコイン同士の取引ができないのか調べてみました。
GMOコインのホームページによると、下記の情報が記載されていました。

取引通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • XRP(リップル)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

との記載がありました。これを考慮すると、やはりどのコインにおいても、日本円以外の通貨で取引をすることは出来ないようです。

とはいえ主要な通貨は全て抑えていると言っても過言ではないので、初心者の方にとっては問題なく利用できるのではないでしょうか。

※ホームページURLは、以下を参照ください。

販売所(仮想通貨の購入・売却) | GMOコイン

https://coin.z.com/jp/corp/product/info/spot/

ビットコインやリップル、イーサリアムなど仮想通貨の購入まで簡単な3ステップ!24時間いつでも無料で売買していただけます。

その為仮想通貨の取引をする際には、必ず日本円の入金の手順が必要になります。


GMOコインの入出金については以下の記事を参考にしていただけると幸いです。

日本円の入出金方法

GMOコインの入金種類

GMOコインには下記2種類の入金方法があります。

1. 即時入金:24時間365日入金が可能。即時反映。

2. 振込入金:指定された銀行口座へ振込。反映は当日もしくは翌営業日。

こちらの2種類の入金方法についてご説明いたします。

GMOコインの即時入金

提携金融機関からの入金の場合即時入金をすることが可能です。

仮想通貨の値段は安定せず、機を逃すと暴落・暴騰している可能性がありますので、リアルタイムでの売買が望ましいです。

そのため、即時入金は非常に便利な入金方法であると言えます。

入金手数料も無料であるため、少額の取引も気兼ねなく行うことができ、大きなリスクを取らずとも取引をすることが可能です。

下図が提携銀行と入金額の一覧ですので、GMOコインの利用を考えている方はご参照ください。

GMOコインでの振込入金

振込入金の場合は、入金金額が反映されるまでに少し時間がかかります。
リアルタイムで取引をする必要がない場合は、振込入金でも問題がないといえます。

GMOコインにて振込入金を利用した場合、入金が反映されるまでの時間は以下の通りです。

GMOコインでの出金

GMOコインで日本円を出金する場合、出金が可能な時間が決まっていますので注意しましょう。
※出金前は必ず日本円に戻しておく必要があります。

実際に口座へ反映されるまでは時間がかかりますので、その点を考慮した上で出金する必要があります。

詳細情報は下図をご参照ください。

評判2 | GMOコインは初心者にも使いやすい

GMOコインは、取引画面が非常にわかりやすいという口コミが多数見られました。具体的にどのような点でそのように思われているのでしょうか。

同じく国内の登録業者であるBitbankと取引画面を比較して検証していきます。

GMOコインの取引画面はわかりやすいってホント!?

下図がGMOコインの会員ホーム画面です。
左側から行う取引を選ぶ方式でシンプルでわかりやすく、確かに初心者でも簡単に利用できそうです。

GMOコイン
  1. 現在の売却価格を記載
  2. 現在の購入価格を記載
  3. 購入金額を指定する

これら3つのプロセスだけで簡単に取引ができます。 実は、自分の好きなように売却価格や購入価格を指定して注文を行うことができます。もちろん、あまりにも安い値や高い値を設定してしまうと注文が約定しない可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

一方で、下図がBitbankの取引画面です。
購入方法が”指値”と”成行”に分かれており、2つの違いがわからない完全な初心者には少し難しいかもしれません。

bitbank

ちなみに、指標と成行の注文方法には以下のような違いがあります。
指値とは、仮想通貨の金額を自分で指定して注文する方法です。
成行とは、値段を指定しないで注文する方法です。

指値注文の例
  • 現在1BTC:35万円
  • 購入希望額:30万円

相場の1BTCが30万円になったら注文が約定する

成行注文の例

現在の1BTCの値段が35万円であれば、そのまま35万円で購入します。

BTC送金限度額
GMOコイン:
10BTC/日
Bitbank:
1000BTC/日
BitPoint:
1000BTC/日
DMM Bitcoin:
10BTC/日

評判3 | GMOコインはスプレッドが高いため手数料が高い!?

GMOコインは仮想通貨の「取引所」ではなく販売所です。
「取引所」とは、ユーザーが買いたい額、売りたい額を指定してマッチングしたら売買が成立する場所です。
やり取りはユーザー間で行われ、必ずしも指定した金額で取引ができるとは限りません。

「販売所」はユーザーと販売所の間で取引が行われます。
価格が固定されているため数量さえ指定すれば売買が成立する一方で、取引所と比較して割高になるといった特徴があります。

GMOコインの「販売所」は手数料の代わりにスプレッドが広く取られています。
※スプレッドとは、仮想通貨の売値と買値の差のことを指します。

取引所の場合はスプレッドが狭い傾向にあるので、手数料を少しでも抑えたい方は販売所ではなく取引所を利用するようにしましょう。

具体例

例:1BTCの購入価格が35万円で、売却価格が30万円の場合

もしあなたがGMOコインを利用して1BTCを買いたい場合、35万円で買うことになります。
一方で1BTCを売りたい場合は、30万円で売ることになります。

この買いと売りで開いている5万円のことをスプレッドと呼びます。

※数字はただの例として挙げたものなので、実際とは異なります。

スプレッドは相場によって変わってしまうので、一概には言えません。
他の取引所の場合入出金にお金がかかる場合もありますが、GMOコインは入出金が無料という特徴があります。

そのことを考慮すると、会社側が利益を確保するためにもスプレッドが高く設定されていると考えてよいでしょう。

詳しい手数料の情報に関してはこちらの記事で解説しています。

【GMOコインの手数料は高いのか】口座開設後に気になるGMOコインの手数料事情

https://ohmycrypto.news/articles/135

金融庁による仮想通貨交換業登録保有の取引所で初心者にも上級者にも人気な「GMOコイン」について、手数料を他社を比較してみました。

評判4 | GMOコインは送金限度額がある!?

結論から言うと、どの取引所においても送金限度額はあります。
下記が、取引所ごとの送金限度額です。

BitbankとBitpointは、1日あたり1000BTCまで送金することが可能ですが、GMOコインとDMM Bitcoinは1日あたり10BTCまでしか送金することができません。

大きな理由としては、GMOコインとDMM Bitcoinでは送金手数料がかからないことが挙げられます。
つまり、送金手数料がかからない取引所は、1日当たりの送金限度額が低いと考えられます。

GMOコインの他社との比較

【仮想通貨FX】GMOコインFX取引所を他社と徹底比較!

https://ohmycrypto.news/articles/159

GMOコインのFX取引所を他社と比較しています。通常のFXがわからない方でも理解が出来るように、言葉の説明も盛り込みつつご説明しています。

まとめ

GMOコインの評判についてまとめさせていただきました。他の主要取引所と比べてもGMOコインは基本的な機能を備えており初心者にも使いやすい反面、取引時のスプレッドが広いなどのネガティブな意見もあるようです。

本メディアでも継続的にGMOコインの評判についてチェックしていきたいと思います。

次に読みたい記事

【GMOコインのセキュリティは本当に安心?】人気取引所のセキュリティ対策を解説

https://ohmycrypto.news/articles/131

仮想通貨取引所ハッキング被害が世間を騒がせており、今一度取引所のセキュリティ管理状況について注目が集まっています。現在人気の取引所であるGMOコインのセキュリティ管理についてまとめました。

【GMOコインで登録】GMOコインの口座開設方法を画像付きで解説!

https://ohmycrypto.news/articles/38

金融庁の認可済み仮想通貨取引所で、非常に人気が高い取引所である「GMOコイン」の口座開設方法を紹介いたします。

↓自動売買ロジック研究チームからのオススメ投稿↓

タルムード戦略の詳細記事はこちら

おすすめ記事


この投稿のライター

2018年から仮想通貨を勉強し始めた新参の仮想通貨ライターです。英語の記事翻訳が得意なので、まだ日本語化されていない最新情報を日本語で届けたいと思っています。

関連する投稿


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

Rippleのことを調べていると必ずと言っていいほど目にする【SWIFT】という言葉。国際送金を行ったことがある方はご存知かもしれませんが、知らなかったという方もまだまだ多いと思いますので、今回は「SWIFTってなに?」を一緒に紐解いてみましょう。合わせてRippleを購入する場合にオススメの取引所もご紹介します!


【セキュリティ】Coincheckは安全なの?セキュリティを徹底調査!

【セキュリティ】Coincheckは安全なの?セキュリティを徹底調査!

「ハッキング事件があったCoincheck(コインチェック)で取引して本当に大丈夫?」と不安に思っている方もいるかと思います。今回は事件後サービス再開したCoincheckの安全性やセキュリティ対策を徹底調査したところ、安全性を高めるための様々な対策が取られていることが分かりました。登録するかどうか迷っている人は参考にしてください。


【使い方】Coincheck(コインチェック)の使い方を徹底解説!

【使い方】Coincheck(コインチェック)の使い方を徹底解説!

何かと話題になっているCoincheckですが、仮想通貨の高騰により登録を考えている方もいるのではないでしょうか。 今回はCoincheckの使い方に関してご説明いたしますので参考にしていただけると幸いです。


【手数料比較】Coincheck(コインチェック)の手数料は高いのか?他社取引所と手数料徹底比較

【手数料比較】Coincheck(コインチェック)の手数料は高いのか?他社取引所と手数料徹底比較

「Coincheck(コインチェック)の手数料って高いの?」そんなあなたの疑問に他社と比較して解説します!


最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。


ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

仮想通貨取引所3選

登録方法|利用方法|口座開設の記事一覧