【手数料】QUOREAの取引ロボットの利用料金は高いのか?|本当に利益が出るの?

【手数料】QUOREAの取引ロボットの利用料金は高いのか?|本当に利益が出るの?

自動売買ツールのQUOREAの手数料はどのように設定されているのでしょうか?QUOREAは基本無料で利用することができますが、実際には取引高に応じて手数料がかかる構造になっているようです。本投稿で詳しくおさらいしましょう。


QUOREAとは

会社概要

会社概要
名称QUOREA(クオレア)
運営会社株式会社 efit(エフィット)
本店所在地〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20−7 川原ビル6F
設立2017年10月19日
資本金1億2548万7990円(※資本準備金を含む)
役員
  • 代表取締役CEO 宮原勝利
  • 取締役CTO 飛田剛
  • 取締役CCO 伊吹大吾
事業内容
  • 高機能投資ロボット作成ツールの提供
  • 投資助言代理業(取得予定)
  • 情報通信業
QUOREA公式サイトにアクセスする

仮想通貨(暗号資産)を使った自動売買サービスは一般的に利用手数料がかかります。

人気の自動売買サービス「QUOREA」の手数料はいくらに設定されており、それはお手頃な価格設定になっているのでしょうか?本投稿で紹介させていただきたいと思います。

そもそも、QUOREAは現在は主にLiquid by QUOINEの取引APIを使って仮想通貨の自動取引(自動売買)の仕組みを提供するサービスです。

自動売買というと「勝手に収益が上がる都合の良い仕組み」という認識をされがちですが、だからこそ手数料の理解は必須です。詳しく掘り下げてみましょう。

QUOREA(クオレア)特徴まとめ
  • 基本的に放置しているだけでbotが勝手に取引してくれる
  • 登録無料で気軽に試せる
  • 現在ZaifとLiquidの2つの仮想通貨取引所に対応中

当メディア広報担当が自腹でQUOREAを使ってみました

当メディアの広報担当でVTuber「べあこ」が自腹で自動売買ツールQUOREAを使ってみる様子を動画で投稿しています。動画でQUOREAの簡単な概要や使い方も紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

QUOREAの手数料は高いのか?

それでは、QUOREAの手数料についてご説明いたします。

自動売買ツールQUOREAでは公式サイトにおいてその手数料が開示されています。

自動売買ツールQUOREA(クオレア)の手数料

https://quorea.jp/more/guide_detail.php?disp_tpl_id=14#contents-detail

クオレア[α版]は、誰でも簡単に仮想通貨/株式の高機能な投資ロボットを自動運用できるサービスです。登録無料ですべてのロボットの成績を公開!「仮想通貨の自動売買」「人工知能による取引」で低コストで高度な投資を実現!

手数料キャッシュバックキャンペーン中!!

ただいま(2019年1月24日現在)、手数料キャッシュバックキャンペーン中のようです!
期間中の手数料は1万円まで無料になります。

手数料はかなり気になるところですので、このキャンペーンはかなり重要ですね。

期限:自動売買初回登録時〜3ヶ月間有効

QUOREAの手数料について重要なポイントを以下で押さえましょう。

QUOREAでは基本無料であり、自動売買を利用した時のみ手数料がかかる

QUOREAは月額固定での手数料が存在しません。基本的には自動売買を行なった際のみに手数料がかかる設計になっています。

同様の他社のサービスでは月額固定などで費用がかかるサービスも多いなか、サービスを気軽に利用できるようになっていますね。

QUOREAの手数料計算方法

公式のヘルプに料金表が開示されていますので、確認してください。

QUOREA, クオレア, 手数料

表を見るとわかる通り、基本的にQUOREAの手数料は月間のトータルの取引高に応じた固定費(0円から144,000円)取引高へのパーセンテージ(0.05%から0%)を合わせた額が取引手数料になる形になっています。

ただこれをみただけでは一見しても手数料がいくらかかるかわかりませんね。

いかに簡単な計算サンプルを紹介しますので、そちらも確認してください。

利用料金計算例1

以下のような条件の場合3000円ほど手数料がかかります。

条件
  • 1回の取引あたり10万円の取引を行うロボットを使って自動売買開始
  • そのロボットによって1ヶ月の間に30往復(60回)の取引が行われた
  • 1ヶ月でプラス1万円の月間収支が発生した
計算
収支にかかる手数料:
0円
取引高にかかる手数料
取引高の0.05% > 600万年 x 0.05% = 3,000円
計算式:
0円 + 3,000円 = 3,000円

利用料金計算例2

以下のような条件の場合21,000円ほど手数料がかかります。

条件
  • 1回の取引あたり10万円でレバレッジ10倍の取引を行うロボットを使って自動売買開始。
  • そのロボットによって1ヶ月に30往復(60回)で計6,000万円(600万円 x 60回 x レバレッジ10倍)の取引が行われた
  • 1ヶ月でプラス10万円の月間収支が発生した
計算
収支にかかる手数料:
19,000円
取引高にかかる手数料
(取引高-5000万円) x 0.02% > (6,000万円 - 5,000万円) x 0.02% = 2,000円
計算式:
19,000円 + 2,000円 = 21,000円

QUOREAの手数料設定のメリットとデメリット

QUOREAのメリット

固定手数料0円から気軽に始めることができる

QUOREAでは他社サービスと違い、登録時などにかかる固定費の手数料がありません。なので、「まず少額から試しに自動売買してみたい」というようなライトユーザーの方でも気軽にサービスを利用開始することができます。

一時的に売買を辞めた際などに、手数料支払いをゼロにできる

仮想通貨の取引市場は非常に不安定で、大きく上がるような相場や逆にほとんど取引高が無いような相場などがあります。そのような場合にはあえて一時的に自動売買を取りやめるというような戦略を行うことがありますが、QUOREAでは自動売買を取りやめたとしても、やめれば自動的に手数料もゼロになるので、解約などを行う必要が無く、フレキシブルな売買戦略を取ることが可能です。

QUOREAのメリット
  • 固定手数料0から始められる
  • 取引を行わないと手数料はかからない

QUOREAのデメリット

QUOREAでは取引高が高くなると他社よりも手数料が高くなる

QUOREAは取引高に応じて手数料が高くなる設計になっているため、取引高が高くなると他社の自動売買ツールと比べた時に高くなってしまうということが起こり得ます。

例えば自動売買ツール「CoinTrader」では最も高価な「プラチナプラン」が34,800円に料金設定されています。

取引高が1億円を超えた当たりに他社と比べてどうしても高くなってしまうポイントがあります。自動売買で多額の取引をしようとする方には手数料面でデメリットが出てしまいそうです。

QUOREAのデメリット
  • 取引高が高くなると他社よりも手数料が高くなる

自動売買を利用する理由とは

仮想通貨市場は、いまだに不安定な状況となっています。

不安定な状況であるがゆえに、危険もチャンスもあるということです。

いつ暴騰・暴落するのかわからない市場なので、チャンスを逃さず危険から避けることが必要になります。

ここで自動売買が役に立ちます。

QUOREAでは、複数の自動売買botを利用することが出来ます。

要するに暴騰時に強いbotと暴落時に強いbotを同時に使うことが出来ます。

仮想通貨は運用しなければ意味がありません。

持っている仮想通貨を塩漬けにしてしまうより、利用して利益を生み出した方が良いのではないでしょうか。

気になるQ&A

QUOREAのセキュリティって安全なの?

ハッキングによる仮想通貨流出事件がテレビで取り上げられるようになりました。

やはり、皆さんが気になるのはセキュリティではないでしょうか。

自分の資産を安全に預けられる場所なのかどうかしっかりと確認したいところです。

QUOREAでは、LiquidのAPIを用いて取引を行うことになります。
※APIに関しては後述します。

しかし、クレジットカードを登録しなければならないので不安があるのではないかと思います。

ハッキングされてクレジットカードの情報を取られたらどうしようと考えてしまいますよね。

まずハッキングされるリスクはそこまで高くありませんが、心配な方は利用上限の低いクレジットカードかデビットカードを利用することをオススメします。

これらを使うことで資産流出リスクを極力抑えることが出来ます。

APIとは

APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略語であり、「ある1つの機能に特化したプログラムで共有可能なもの」や「ソフトウェアの機能を共有する仕組み」のことです。

このAPIはしばしばWeb上に公開され、外部(Web)から呼び出して利用します。様々な分野・用途でAPIが公開されていますが、ほとんどが無料で利用することが可能です。

外部からWeb APIを利用する際は、一般的にそのAPIを提供する企業のWebサイトから利用登録を行った上でAPIキーを取得できるようになります。そしてURLにリクエストを送信すると、その企業側が提供する情報を取得できます。

QUOREAを利用したら本当に利益が出るの?

いくら自動売買であるとはいえ、100%勝てるとは限りません。

しかし、実際に利益が出なければ取引を行う意味はありませんよね。

下記の記事にてQUOREAでの運用実績を詳しく記載していますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

QUOREA(クオレア)の運用実績を公開!仮想通貨投資を自動化しませんか?

https://ohmycrypto.news/articles/225

仮想通貨の自動売買ツールは稼げないものばかり。じゃあ、QUOREA(クオレア)の自動運用で稼げた人はいるのか?そこで今回は仮想通貨投資家たちのリアルな運用実績を集めて、QUOREA(クオレア)が本当に稼げるのかどうか確かめてみました。

まとめ

自動売買ツールQUOREAの手数料についてまとめさせていただきました。

自動取引ツールの手数料はすなわち「取引損益」と同じものですので、いくらの手数料がかかるのかしっかり把握した上で、「それ以上にいくら稼ぐ必要があるのか」しっかり計算して運用を行いましょう。

QUOREAに登録するならこちら

QUOREAのサイトで詳しいサービス内容を調べるならこちら

次に読みたい記事

【仮想通貨自動売買サービスQUOREAの使い方】登録方法から自動取引開始まで

https://ohmycrypto.news/articles/185

本投稿では、仮想通貨(暗号資産)を使った自動売買サービス「QUOREA」の紹介をさせていただきます。QUOREAは現在は主にLiquid by QUOINEの取引APIを使って仮想通貨の自動取引(自動売買)の仕組みを提供するサービスです。話題の「ボット取引」を体験してみましょう。

【仮想通貨自動売買bot作成者必見】QUOREA(クオレア)の対応取引所について徹底解説!

https://ohmycrypto.news/articles/200

仮想通貨の自動売買botを提供しているQUOREAに関する記事です。 今回は、QUOREAの対応取引所とQUOREAの特徴に関して解説いたします。

自動売買ツールQUOREA(クオレア)のセキュリティは安全なのか?話題のbot取引サービスを調査

https://ohmycrypto.news/articles/204

この記事では、今話題になっている仮想通貨自動売買ツール提供会社QUOREAのセキュリティやリスクについて解説します。

おすすめ記事


この投稿のライター

OhMyCryptoNews編集部です。読者の皆様にとって価値ある情報を届けられるよう日々邁進致します。分散型取引所(DEX)に関する情報や海外取引所関連情報にアンテナを立てております。

関連するキーワード


QUOREA|クオレア 手数料

関連する投稿


【運用実績】QUOREAで人気の自動売買ロボットの実績を調査|ボット選択のコツ

【運用実績】QUOREAで人気の自動売買ロボットの実績を調査|ボット選択のコツ

「仮想通貨市場はボラティリティ(値動き)が激しいし自動売買じゃ稼げないんじゃないの?」という評判もありますが、QUOREA(クオレア)ではどうなのか?調査の結果では、稼げている方と損をしている方が半々。稼ぐコツは実績が出ているロボットを複数選択してリスクを分散することです。複数のロボットをフォローするだけで簡単に運用できるQUOREAならではの運用方法ですね。


【手数料】TAOTAOの各種手数料は無料|5月30日よりサービス開始!

【手数料】TAOTAOの各種手数料は無料|5月30日よりサービス開始!

大手企業のYahoo!が出資している新規仮想通貨取引所TAOTAOが5月30日よりサービス開始しました。そこで、仮想通貨取引所TAOTAOの手数料について解説いたします。


ビットコインの送金手数料っていくら?取引所毎に徹底比較!

ビットコインの送金手数料っていくら?取引所毎に徹底比較!

仮想通貨を送金したいけど、他の取引所だと送金手数料はいくらなんだろう?と思いませんか。今回は日本の大手仮想通貨取引所の送金手数料を比較します。


【手数料】DMM Bitcoinの手数料は安い?気になる手数料について解説

【手数料】DMM Bitcoinの手数料は安い?気になる手数料について解説

大手企業のDMM.comが運営している仮想通貨取引所のDMM Bitcoin。国内大手である取引所の手数料について解説します。また、DMM Bitcoinの手数料は他社とは少し異なるので、大手取引所と比較して紹介します。


【メリット・デメリット】QUOREAは使いやすい?安全面は?

【メリット・デメリット】QUOREAは使いやすい?安全面は?

この記事では、今話題になっている仮想通貨自動売買ツール提供会社QUOREAのメリット・デメリットを徹底解説します。


最新の投稿


【手数料比較】トラリピ(マネースクエア)の手数料は安い?

【手数料比較】トラリピ(マネースクエア)の手数料は安い?

ループ系自動売買FXであるマネースクエアのトラリピが【すべての取引手数料無料】を打ち出しました。そこで、似たサービスであるループイフダンと比較してみました。結論はあまり両者で差は大きくなく、コスト面ではトラリピ・ループイフダン共に優秀です。そのため、ご自身で設定を細かく行いながら検証したい方は、柔軟に設定ができるトラリピをオススメです。


FX相場に影響を与える【経済指標】とは? 重要度が高い指標まとめ!

FX相場に影響を与える【経済指標】とは? 重要度が高い指標まとめ!

FXや株のトレードの際に投資家たちがアンテナを張り巡らせている【経済指標】。これらは各株式相場・為替などの変動に非常に大きな影響をもたらすことがしばしばあります。そもそも経済指標とは何を表しているのか、どういった場合に市場に影響を与えるのかを本記事で解説いたします。


【仮想通貨で儲ける方法を徹底解説!】

【仮想通貨で儲ける方法を徹底解説!】

今回は仮想通貨で儲ける方法をこちらの記事で徹底解説します。 実際に仮想通貨で儲けている方やおすすめの取引方法なども織り交ぜつつご紹介します。


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


FXでスキャルピングをするメリット・デメリットをご紹介

FXでスキャルピングをするメリット・デメリットをご紹介

こちらの記事ではFXでスキャルピングを行う際に発生するメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。 スキャルピングに興味がある方は参考にしてみてください。


アイネットFX

仮想通貨自動売買ツール3選

  • 1. QUOREA

    【自動売買初心者にオススメ】料金は取引した分だけ。オリジナルのbotを作成して稼ぐこともできる。Liquidの取引所に対応

    関連記事を読む 公式サイト

  • 2. マネコ

    【トレーダーのランキング有り】レバレッジ取引でのアルトコイン取り扱い通貨種類国内No.1。気になる優秀なトレーダーの取引をそのままコピーできる。

    関連記事を読む 公式サイト

  • 3. CoinTrader

    【アプリから始められる】25種類のbot戦略を選べて、国内19の取引所で利用可能。対応取引所・通貨ペアの数が国内最大

    関連記事を読む 公式サイト

自動売買|bot取引|シストレの記事一覧