【2019年】仮想通貨マイニングの3つの方法とリスク|仮想通貨マイニングは稼げる?稼げない?

【2019年】仮想通貨マイニングの3つの方法とリスク|仮想通貨マイニングは稼げる?稼げない?

仮想通貨の話によく出てくる「マイニング」とは何なのか?どうやって行われているのか知っていますか?昨年あたりから仮想通貨に興味を持ち始めた方は、まだ知らない人も多いと思います。そこで今回は仮想通貨マイニングの仕組みや方法などについて詳しくまとめました。


今さら聞けない仮想通貨のマイニングとは?

仮想通貨の情報に触れていると、「マイニング(採掘)」という言葉によく出会います。仮想通貨におけるマイニングとは、仮想通貨取引の内容を承認する作業のことです。上の動画のアニメーションを見ると、そのイメージがなんとなく分かるかもしれません。

仮想通貨マイニングの役割・仕組み

マイニングの役割は、主に以下の2つです。

1.ブロックチェーン上に取引内容を承認すること

仮想通貨の取引データはブロックチェーン上で管理され、マイニング作業によって新たなハッシュ値と適切なナンスを導き出し、新たなブロックを生成・連結させていきます。

これらのデータは、
・取引データがハッシュ関数と呼ばれる一方向関数で暗号化されている
・特定の管理者がいない(P2Pによって取引データが不特定多数のパソコンに分散管理されている)
ため、改ざんが困難であると言われています。

第三者によって取引の正当性が担保されれば、既存のシステムに囚われない非中央集権的な金融・経済の仕組みを構築できるのではないか?こうした期待のもと、仮想通貨は世界中で注目されてきました。

しかし、2019年現在では政府が規制や緩和をコントロールできる状態となっており、非中央集権的なシステムの敗北が近づいてきています。

2.新たに通貨を発行し、通貨の流通量を増やす&流動性を高めること

マイニングに成功すると新たな仮想通貨が発行され、それがマイナー(採掘者)の報酬になります。この仕組みが金本位制時代の金の採掘作業に似ていることから、マイニングという名前が付けられたとか...。

マイニングによって仮想通貨の総量が増えることで、通貨の成長とともに流通量も増えていくことになります。また、マイナーがマイニング報酬を現金化するために市場へ解き放つことで流動性も増していきます。

新規通貨の発行はマイニングの動機付けにもなり、安定した送金システムの確立にも役立ちます。

仮想通貨マイニングの種類4つと特徴

What is Bitcoin Mining?

マイニングの手法にはさまざまな種類があるので、紹介していきます。(本記事では、仮想通貨の承認作業によって報酬が発生する仕組み全般を「マイニング」と表現します。)

1. PoWマイニング

PoW(Proof of Power)マイニングは、コンピュータの計算速度を競ってマイニングを行う方法です。高性能なコンピュータを使用しているほど、マイニングに成功しやすくなります。

【PoWを採用する代表的な仮想通貨】
ビットコイン
【メリット】
・取引の不正が起きづらい
【デメリット】
・マイニングが一部のマイナーに独占される可能性がある
・電気代がかかり、環境負荷となる

最も主流なマイニング手法であるものの、欠点も多いです。ブロックチェーンが生まれた当初から存在する、古いシステムだと言えます。

2. PoSマイニング(フォージング)

PoS(Proof of Stake)マイニングは、仮想通貨の保有量に応じてマイニング難度を引き下げる方法です。このマイニング手法を正確には「フォージング」と言います。仮想通貨を保有している人ほど資産が増えていく仕組みとなっています。

【PoSを採用する代表的な仮想通貨】
Dash、NEO
【メリット】
・低コストでマイニングできる
【デメリット】
・資産の多い人がより有利に資産を増やせるため、格差が生まれる
・資産の多い人は保有量を維持したがるため、流動性が確保しづらい

PoSは、PoWの欠点を克服するために設計された合意形成アルゴリズムであり、少ない電力消費で誰でもマイニングに参加することができます。ただし、一部の資産家に富が集中しやすいといった欠点があります。

3. PoIマイニング(ハーベスト)

PoI(Proof of Importance)マイニングは、重要度(保有量×取引回数×取引量)によってマイニング難度を引き下げる方法です。このマイニング手法を正確には「ハーベスト」と言います。保有量しているだけでなく、流動性に貢献した人ほど資産を増やすことができます。

【PoIを採用する代表的な仮想通貨】
NEM
【メリット】
・低コストでマイニングできる
・流動性が高まりやすい
【デメリット】
・資産の多い人に富が集中しやすい

PoIは重要度の高い人ほどマイニングしやすい仕組みとなっており、PoSの欠点を克服したマイニング手法であるように見えます。しかし、PoIを採用するNEMの価格は、2018年初頭に1NEM=250円ほどあったのが、ハッキング被害などもあり2019年2月には1NEM=3円台まで下がりました。

先行き不透明な面もありますが、今後注目を浴びる可能性も十分にあります。

4. その他

マイニング手法は、どのような合意形成アルゴリズムを実装するかによって変化するわけなので、他にも様々な方法が考えられます。

・移動距離に応じてマイニング難度が下がる
・ボランティアに参加することでマイニング難度が下がる
・ゲームの進行状況や特定の作業によってマイニング難度が下がる
・記事や動画のいいね!数によってマイニング難度が下がる

マイニング難度が下がるということは、他の価値と交換が可能な仮想通貨を稼げるということです。(上記の例は、マイニングでなくても良いのですが...)

何はともあれ、仮想通貨で経済が回るトークンエコノミーが普及してきたら、働いて稼ぐという価値観も変わってきそうな気がします。

因みに、DAG方式やプライベートチェーンなどの活用によって、そもそもマイニングを必要としない仮想通貨もあります。

仮想通貨マイニングの方法3つとリスクについて

What is Bitcoin Mining?

仮想通貨のマイニングは、個人でも参加することが可能です。つまり、マイニング報酬を得られるわけですが、マイニングに参加するには、どういった方法があるのでしょうか。

1. ソロマイニング

専用の機材やソフトウェアなどを用意して、個人でマイニングを行う方法です。ソロマイニングでは、パソコンやGPU、マイニング専用のASICといったマシンを用意し、マイニング用のソフトウェアを通じて稼働させることでマイニング報酬が得られます。

ただし、マイニング業界は競争が激しくなっており、個人規模で十分な収益を出すのは困難になってきているのが現実です。

機材の購入費用に加え、電気代、メンテナンス知識が必要になるので、マイニング報酬が費用・労力に見合わない場合もあります。(VPSで仮想サーバーを立ち上げる方法であれば専用の機材や電気代はかかりませんが、サーバー利用料がかかります。)

また、先ほど紹介したPoS通貨であれば、お手持ちのスマホやパソコンで専用のソフトウェアを稼働させることで手軽にマイニングを始めることができます。ただし、ソフトウェアに悪意のあるウイルスが仕込まれている可能性もあるので、信用できない通貨のマイニングは危険です。

2. プールマイニング

マイニングを共同作業するグループを作って貢献度に応じてマイニング報酬を分配する方法です。マシンを専用のソフトウェアに繋げることで、プールマイニングを始めることができます。

先ほどのソロマイニングでは計算競争に勝てずに収益を出せなくても、グループで計算処理を行えば、マイニングの成功確率は高くなります。大きな収益を狙うことはできないものの、マイニング報酬を安定して得られる方法です。

3. クラウドマイニング

マイニング団体に出資してマイニング報酬の一部を享受する方法です。例えば、電気代の安い海外のマイニング団体に出資して、そこで発生したマイニング報酬の一部を受け取ることができます。

お金を払うだけで簡単に始められるものの、出資額を回収できない、詐欺被害に遭ったという事例が多数報告されています。クラウドマイニングを行う場合は、出資先の事業者の信用性を確かめることが必要不可欠です。

【事例あり】仮想通貨マイニングは稼げる?稼げない?

仮想通貨マイニングに興味を持つ人の中には「マイニングで不労所得を得たい」と夢見る人もいます。確かに、マイニングをして仮想通貨を増やすことができれば、何もしなくても仮想通貨が増えていくような気もします。

しかし、そこには落とし穴が...。

これまでマイニングで稼ぐための様々な取り組みがされてきましたので、その事例を紹介します。

※ソロマイニングとプールマイニングの見分けがつかなかったため、ソロ(プール)マイニングとしております。

2018年2月:BTCのソロ(プール)マイニング事例

ナイスハッシュ マイナーを使った現状のセッティングで、1日あたり0.0015ビットコイン、マイニングしている。

1日あたり何コインも手にする大掛かりなマイニングと比べると、歩道に落とした小銭を探すようなものだ。1ビットコインの価格は、現在約8200ドル(約89万円)。つまり1日あたり約12ドル(1300円)、1年で約4500ドル(約49万円)となる。
...
私が住んでいる地域は電気代が高い。マイニングで1日の電気代は、5ドル32セント(約580円)かかった。1年で1945ドル(約21万円)。

1年間のマイニング収入4500ドルから電気代を引くと、年間の利益は約2555ドル(28万円)。
...
マイニングで年間2555ドルの収入となるが、マイニングのために追加購入したパーツのコストもある。

2555ドルからパーツ代の1601ドルを引くと、年間の純利益は954ドル(約10万円)。

2018年の暴落の最中の記事ですが、この方はBTCのマイニングで利益を出せていたようです。1年でパーツ代の元を取れた上に利益が出ているのであれば、上出来ではないでしょうか。

パーツ代抜きで年間30万円近い利益が出るのであれば、投資額を増やすことで個人でもマイニング収益で生活ができるかもしれませんね。

2019年3月:BEAMのソロ(プール)マイニング事例

BEAMの1ヶ月の掘れ高は136Kh/sで141枚だった。
現在のレートが76円だから売り上げは10,716円

電気代を差し引くと・・17004円の赤字・・

こちらは2019年最新のマイニング情報です。「17004円の赤字」とありますが、この方はマイニングしていた仮想通貨の価格が暴騰したことで、結果的にはプラスとなったそうです。

仮想通貨はボラティリティが激しいので、損益が日々変動するリスク(チャンス)にも注意しないといけません。

2018年5月:MONAのソロ(プール)マイニング事例

私の場合、マイニングPC代は上で紹介したように20万です。

電気代はというと、1日稼働させるとおそらく100円ほどです。

そして肝心のマイニングによって得られるモナコインはというと、

一日稼働させると、0.4MONA得ることができます。1MONA=500円ぐらいで推移していますので、0.4MONA=200円となり、電気代を差し引くと1日当たり100円の利益が出ることになります。

ですから、初期費用20万円分を稼ぐためには2000日マイニングをし続ける必要があります。これなら、20万円分のモナコインを買ってキャピタルゲインを狙ったほうが良いでしょう。したがって、マイニングはお勧めしません。

ソロマイニングでは、電気代もそうですが、マシンにかかる初期費用を回収できなければ意味がありません。マシンは10万前後から20万円程度あれば手に入りますが、日本は電気代が高いこともあってマシン代の回収には年単位の月日がかかりそうです。

2018年:クラウドマイニング事例

総額1,000万円投資しているクラウドマイニング。投資回収率はどうなっちゃったんでしょうか? 1,100万円投資(再投資含む)して回収率が31%。。。 -770万円の大赤字です。。。終わりました。。。 車2~3台これなら買えましたね。。。。

クラウドマイニングは、お金を出すだけで手軽に稼げるマイニング手法と言われていますが、サービスによっては稼げないこともあります。この方は、リスク分散で複数のクラウドマイニングサービスに投資していましたが、ことごとく失敗に終わってしまったようです。

まとめ

稼ぎたいならマイニングはやめた方が良い!?

「マイニングで稼ぎたい」という方もいるかもしれませんが、基本的には個人のマイニングで稼げるとは思わない方が良さそうです。

しかし、ある程度の余裕資金があって「試しにマイニングで遊んでみるか」という方であれば試す価値ありです。

・費用と性能を考えなければいけないマシン選び
・数千種類の中からマイニング効率の良い仮想通貨の選定
・信用性と収益性の高いソフトウェアのリサーチ
・悲鳴をあげるマシンへの日々のメンテナンスと収益管理

こうしたことを楽しめるのであれば、マイニングに挑戦してみましょう!

↓自動売買ロジック研究チームからのオススメ投稿↓

タルムード戦略の詳細記事はこちら

おすすめ記事


この投稿のライター

フロントエンドエンジニア・Webライター|2017年に仮想通貨を購入して利益を出したものの、2018年の暴落でプラマイゼロとなりました。プログラミングや仮想通貨関連の情報を収集しております。トレードはしない、いわゆるガチホ勢です。質の高い正確なコンテンツを心掛けてお届けします。

関連するキーワード


ノウハウ・初心者向け

関連する投稿



仮想通貨取引所Binance、分散型取引所(DEX)で日本をブロック対象国に

仮想通貨取引所Binance、分散型取引所(DEX)で日本をブロック対象国に

仮想通貨取引所大手のBinanceは、分散型取引所(DEX)で日本ユーザーをブロックすると発表した。


ビットコインの送金手数料っていくら?取引所毎に徹底比較!

ビットコインの送金手数料っていくら?取引所毎に徹底比較!

仮想通貨を送金したいけど、他の取引所だと送金手数料はいくらなんだろう?と思いませんか。今回は日本の大手仮想通貨取引所の送金手数料を比較します。


おすすめのハードウェアウォレットを一挙ご紹介

おすすめのハードウェアウォレットを一挙ご紹介

近頃では、多くの方が仮想通貨を持つようになりました。 一方で、通貨流出事件などの影響により、資産管理がより重要視されるようになりました。 この記事では、あなたの大切な資産を守るハードウォレットについてご紹介いたします。


Twitterで仮想通貨ってどう評価されているの?

Twitterで仮想通貨ってどう評価されているの?

日々値段が変わる仮想通貨ですが、仮想通貨はTwitterではどのように捉えられているのでしょうか。


最新の投稿


FXで失敗が続いてる?勝てるトレード方法に変更しましょう

FXで失敗が続いてる?勝てるトレード方法に変更しましょう

FXを始めたばかりの方や、多額のお金を失ってしまったという方はトレード方法を変えるのがベストです。 どうしても24時間チャートに貼り付ける時間がある方でないと定期的に利益を生み出すことは難しいです。 こちらの記事では、いくつか方法をご紹介いたしますので、FXで失敗したという方は参考にしてみてください。


仮想通貨の種類って何があるの?メジャーな仮想通貨と取扱取引所をご紹介!

仮想通貨の種類って何があるの?メジャーな仮想通貨と取扱取引所をご紹介!

仮想通貨の価値が再度上がったために、仮想通貨に興味を持ち始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 こちらの記事では押さえておくべき仮想通貨の種類についてと取扱を行なっている仮想通貨取引所に関してご説明いたします。


仮想通貨は終わり?実際はどんな状況なの?実情を徹底解説!

仮想通貨は終わり?実際はどんな状況なの?実情を徹底解説!

一時期仮想通貨はバブルを迎え、そのバブルがはじけて以降はあまり仮想通貨がニュースで取り上げられることはなくなりました。 しかし、それはニュースに取り上げられていないに過ぎず、仮想通貨はまだまだ成長しています。 今回は仮想通貨が本当に終わりなのかどうかご説明いたします。


【評判・口コミ】DeCurret(ディーカレット)の評判を徹底調査!

【評判・口コミ】DeCurret(ディーカレット)の評判を徹底調査!

今回は大手企業が出資していることで話題を呼んでいるDeCurretの評判についてご紹介いたします。 こちらの記事を読んでいただくことでDeCurretがどのような強み・弱みを持っているのかご理解いただけると思います。


DMM FXのデモトレードって? デモトレアプリの使い方を徹底解説!

DMM FXのデモトレードって? デモトレアプリの使い方を徹底解説!

本記事ではDMM FXにおけるデモトレードアプリの口座開設・利用方法とメリット・デメリットを解説しています。


アイネットFX

仮想通貨取引所3選

登録方法|利用方法|口座開設の記事一覧