【取扱通貨】DMM Bitcoinの取扱い通貨は?|各通貨の特徴と併せて徹底解説!

【取扱通貨】DMM Bitcoinの取扱い通貨は?|各通貨の特徴と併せて徹底解説!

大手仮想通貨取引所であるDMM Bitcoinの取扱い通貨に関してご説明します。また取扱通貨の解説も行っておりますので取引所を開設する前に、扱いたい通貨がDMM Bitcoinにあるのかご確認ください。

DMM Bitcoinで無料口座開設


仮想通貨取引所の口座を開設する上でどのような通貨を取り扱っているのかということは、非常に重要な基準となります。

口座を開設してみたけど、自分が欲しい通貨がなかったなんてことにならないためにも、口座開設前に取扱い通貨をおさえておくことは重要です。

今回はDMM Bitcoinの取扱い通貨についてご説明しますので、DMM Bitcoinで口座開設を考えている方は参考にしていただけると幸いです。

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinは元々は株式会社東京ビットコイン取引所という名前で運営していました。
DMM Bitcoinと称号を変えたのは2017年の12月であり、2018年の1月からDMM Bitcoinとして運営を開始しました。

FX事業を持っているDMM.comが運営しているおり金融系のノウハウもあるので、利用者側も安心して使えるのではないでしょうか。

DMM Bitcoinの会社概要は以下の通りです。

会社概要

会社概要
社名株式会社 DMM Bitcoin
登録番号関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業者)
所在地〒103-6010 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
設立2016年11月7日
資本金12億9000万円
役員
  • 代表取締役 田口 仁
  • 取締役 日暮 正樹
  • 取締役 吉竹 一宙
  • 監査役 小澤 公一
事業仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)

DMMBitcoinの取扱い通貨

DMMBitcoinで取扱いできる通貨は以下の通貨です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ネム(XEM)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアムクラシック(ETC)


DMMBitcoinの取扱い通貨を見ると、アルトコインが豊富なことがわかります。
アルトコイン取引を目的とする方にとってはありがたいラインナップになっているのではないでしょうか。

ただ、DMMBitcoinを利用する上で注意すべき点があります。

それは、レバレッジでしか取引出来ない取引ペアが多いことです。
※現物取引とは、購入する場合は取引に必要となる金額を法定通貨として所有していることが前提となっており、売却する場合には売却する仮想通貨を所有していることが前提となっている取引を指します。

例えば、1万円分のビットコインを購入したい場合は手元に1万円を持っている必要があり、1ビットコインを売却したい場合は、手元に1ビットコインも持っている必要があります。

現物で取引できるペアとしては以下となります。

・ビットコイン(BTC) / 円 (JPY)
・イーサリアム (ETH) / 円(JPY)
・イーサリアム (ETH) / 円(BTC)


その他の通貨ペア(下図参照)に関しては、すべてレバレッジ取引でなければ対応していません。
※レバレッジ取引とは、取引所に対して証拠金を預け、証拠金の数倍(数十倍)の取引を行うことができる取引方法です。必要な証拠金の求め方はレート × 注文量 / レバレッジ倍率(レバレッジ倍率は取引所により異なります)で計算することができます。

例えば、1BTC700,000円のときにレバレッジ倍率4倍で2BTCを取引したいのであれば必要証拠金は
700,000 × 2 / 4 = 350,000円となります。

レバレッジ取引でも構わないので、アルトコイン取引を行いたいと考えている方にはマッチした取引所になっています。

入出金及び入出庫できる通貨は3通貨のみ

入出金及び入出庫できる通貨は下記3通貨となっています。


・日本円
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)


レバレッジ取引では数種類のアルトコインの売買が可能ですが、入出金できる通貨は3通貨と限られていますのでその点は注意が必要です。

ビットコインとは

bitcoin

ビットコインは、仮想通貨の中でも1番取引量が多い仮想通貨であると同時に世界で初めての仮想通貨でもあります。

新しい決済手段として作成されており、現在ではビットコインを使って決済をすることができる場所も増えつつあります。

どの国でも共通して使うことのできる通貨として注目を集めています。

イーサリアムとは

ethereum

イーサリアムは、アプリ開発のプラットフォームになることを目的として作成された仮想通貨です。
イーサリアムを用いたDApps(分散型アプリケーション)としては、マイクリプトヒーローズが有名です。

時価総額もビットコインに続いて2位の通貨であり、将来性も期待できるのではないでしょうか。

リップルとは

ripple

リップル(XRP)とは、非常に安い手数料かつ高速で送金することを可能にする仮想通貨です。

SBIホールディングス代表の北尾吉孝氏がリップル社の取締役として就任したこともあり、非常に話題になっている通貨でもあります。

また、国内外問わず多くの金融機関がリップルと提携していることからも、今後を期待できる通貨であると言えます。

ライトコインとは

ライトコインは、ビットコインが抱えているスケーラビリティ問題を改善することができる技術を実装した仮想通貨です。

ビットコインの生成時間が10分かかることに対しライトコインは生成時間が2.5分になっており、ビットコインの4倍の速度で生成されます。

ビットコインに比べるとまだまだメジャーではない通貨ですが、ライトコインの特徴を考えると、知名度が上がると併せて人気も上がる通貨であると考えられます。

ネムとは

nem

ネムは、利用目的がはっきりと決まっていないという点で少し異色の存在です。

基本的に仮想通貨は何かしらの目的があった上で開発されることが多いのですが、ネムに関してはそれがありません。

ネムはハーベスト(ビットコインにおけるマイニング作業)に電力をあまり必要としないため、ハーベストを行う人にとっては非常にありがたい通貨となっています。

Coincheckのネム流出事件により、あまり印象が良くない人も多いのではないでしょうか。
今後のどうなっていくのかは未だ分かりませんので、動向に注目すべき通貨であると言えます。

ビットコインキャッシュとは

bitcoincash

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォーク(仕様の変更)した仮想通貨です。

ビットコインが抱えていた*スケーラビリティ問題に対して、ブロックサイズを8MBに拡張することで処理能力を向上させて、ネットワークの混雑を解消しました。

*「スケーラビリティ問題」とは、ビットコインのブロックに収めることができるデータ量が1MBとなっていたため、ビットコイン取引の拡大に伴って未処理の取引が溜まり、処理速度が低下することで処理手数料が高騰してしまう問題です。

この仕様変更は仮想通貨の永久的分裂を伴う「ハードフォーク」と呼ばれ、初のハードフォークによる分裂でできたのが「ビットコインキャッシュ」です。


国内の取引所においてもビットコインキャッシュを取り扱っている仮想通貨取引所はDMM、Bitbank、Liquidなど多くあり、今後の動きが気になるところです。

イーサリアムクラシックとは

ethereumclassic

イーサリアムクラシックは、イーサリアムからハードフォークした仮想通貨です。

ハードフォークの理由としては、投資ファンドを非中央集権で行うことを目的としたプロジェクトであるThe DAOが、サイバー攻撃を受けて大きな被害を受けました。

そこでイーサリアムの運営は、事件が起こる直前の状態にまでブロックチェーンを巻き戻すという手法を取り解決しました。

しかし、仮想通貨は非中央集権的存在であることを考慮すると、このブロックチェーンを巻き戻すという行為は中央集権的な行為であると言えます。

そこで、この人為的な処置に反対する一部のグループが仮想通貨の理想を実現するために、イーサリアムクラシックという新しい仮想通貨が生み出されたのです。

イーサリアムクラシックはイーサリアムとは別のブロックチェーンに記録されていますが、もとは1つの仮想通貨であったため、イーサリアムとイーサリアムクラッシックの両者には大きな違いはありません。

まとめ

今回はDMMBitcoinの取扱い通貨と各通貨の特徴をご説明しました。

DMMBitcoinが取り扱っている通貨の中にご自身が利用したい通貨はありましたか。

仮想通貨取引所の口座を開設するためには、身分証明書の確認やハガキの受け取りなど、様々なプロセスを踏む必要があります。

口座を開いてみたら、「欲しい通貨がなかった」「現物取引の予定だったのにレバレッジ取引しかなかった」なんていうことにならないように、確認した上で口座を開設を行いましょう。

※DMMBitcoinの口座開設方法に関しては、下記の記事を参照してください。

【DMM Bitcoin(ビットコイン)の口座開設・登録方法】FX機能で人気の取引所の登録手順を画像付きで解説

https://ohmycrypto.news/articles/310

今回は、DMM Bitcoinの口座を開設したい人に向けて、登録手順を画像つきで図解していきます。

この投稿のライター

2018年から仮想通貨を勉強し始めた新参の仮想通貨ライターです。英語の記事翻訳が得意なので、まだ日本語化されていない最新情報を日本語で届けたいと思っています。

最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。


DMM Bitcoin