【口座開設】GMOコインの口座開設・入金・アプリの使い方を画像付き解説

【口座開設】GMOコインの口座開設・入金・アプリの使い方を画像付き解説

金融庁の認可済み仮想通貨取引所で、非常に人気が高い取引所といえば「GMOコイン」です。国内でも有名な取引所なので、初心者の方でも聞いたことある方も多いですよね。この記事では、GMOコインの口座開設方法手順やトレードアプリの使い方、特徴などを画像つきで分かりやすく解説します。


目次

GMOコインとは?

GMOコインは、2017年5月にオープンした仮想通貨取引所で、東証一部上場企業であるGMOインターネット社のグループ企業でもあります。

取引所としてだけではなく販売所としての一面も持つことや、グループ会社の金融ノウハウを活かし運営されており仮想通貨FXにも対応していることが特徴として挙げられます。

下記にて詳しく解説していきます。

GMOコインのココが良い

GMOコインのおすすめポイントを紹介します。

GMOコインのおすすめポイント

  • 取引所形式と販売所形式をとっている
  • 入出金手数料が無料
  • 取引手数料(メイカー)がキャッシュバックされる
  • 最短1営業日で取引ができる
  • 専用アプリで、本格的な仮想通貨FX取引が可能

GMOコインは取引所形式と販売所形式をとっている

国内でも様々な仮想通貨取引所がありますが、単に現物を取引すると言っても「販売所形式」と「取引所形式」どちらの形式なっているかで取引内容が異なります。


【販売所形式】:初心者やすぐに通貨を購入(売却)したい場合
【取引所形式】:価格や値上がりを重視する人や短期で取引したい場合


【販売所形式】
取引所側が仮想通貨に価格を付けて、取引所相手に売買を行います。普段店舗で買い物をするイメージと同じです。仕入れ価格に利益を乗せて販売を行っています。

仕様的には【販売所形式】のほうが注文を出すとすぐに約定する(成行注文)ので、仮想通貨を欲しいときすぐ購入(売却)できるため初心者にとっては取引が簡単にできるメリットがあります。

販売所形式のデメリットとしては、取引所が設定している価格の中に利益が含まれているため割高の傾向にあります。
また、売値と買値との価格差(スプレッド)が大きいため、購入後すぐに売却すると購入金額よりも売却金額が安くなる(損をする)こともあるので注意が必要です。逆に売却後にすぐ購入すると、安く売って高く買うということになります。


【取引所形式】
取引所は売りたい人(メイカー)と買いたい人(テイカー)の注文の場を作るだけ、取引はユーザー同士で行います。「オークションや競り」と同じイメージです。売り手と買い手同士が売値と買値を決めてそれぞれ注文し、約定(注文確定)するのを待ちます。

取引所形式のメリットとしては、ユーザー側で取引価格も決定するため、販売所形式ではデメリットだったスプレッドの幅も狭くなり、ユーザーが利益を出しやすくなります。
また、注文方法が2種類あり、【指値注文】(自分で価格と数量を指定して注文すること)と【成行注文】(その時の価格で数量を指定して注文すること)どちらにするか選択することができます。

取引所形式のデメリットとしては、自分で取引価格を決定しても、その価格で合意する取引相手がいなければ取引は成立しないため、なかなか注文が約定しないことがあります。

また、板(売買注文状況を並べたもの)が薄い時に(注文数が少ない時)に、即時約定する【成行注文】を入れてしまうと、値段に関係なく注文した数量分が約定してしまうため、とんでもない価格で成立してしまう場合があります。(つまり自分の注文で板を全部食ってしまう)


GMOコインは取引所形式と販売所形式どちらのサービスも取り入れているため、利用目的に応じて選択することが可能です。

入出金手数料が無料

GMOコインの入出金手数料は以下の通りです。

取引所によっては入出金、もしくはどちらかが手数料がかかるケースもあるので、入金・出金共に無料なのは非常に使いやすいです。

取引手数料(メイカー)がキャッシュバックされる

通常取引所にて取引を行う場合、取引手数料がかかります。
その場合、売り手(メイカー)と買い手(テイカー)それぞれ手数料が設定されている取引所も多くありますが、GMOコインの場合はメイカーの手数料が【-0.01%】となっています。

つまり自分が売り注文で指すと0.01%が返ってくるということになります。

仮想通貨取引では、取引回数が多くなると取引手数料が高くなる(手数料負けする)という問題がありますが、キャッシュバックされるとなると取引所ユーザーにとっては利益を得やすい仕組みとなっています。 

最短一日で取引が開始できる

GMOコインでは、口座申込の当日〜1営業日以内に審査を実施するとのことです。審査完了の翌営業日には書類発送がされるため、最短で口座申込の翌営業日から仮想通貨取引を開始することができます。

この背景には、東証一部上場しているGMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウが活かされ、口座開設のスピード改善活動を徹底しているとのことです。

仮想通貨市場はまだまだ不安定な市場で急騰や暴落がある中で、口座開設が最短一日でできることでいち早く取引を開始できるのはGMOコインの強みと言えますね。

現物取引だけでなく仮想通貨FXにも対応している

GMOコインでは、現物取引だけでなく仮想通貨FX取引(仮想通貨のレバレッジ取引)も可能です。

仮想通貨FXでは、仮想通貨市場の下落が予想される場合に、高値で売り注文を出しておき、安値となったら買い戻しをするといった現物取引ではできない取引も可能です。

仮想通貨の市場では、価格が上がり続ける(上昇トレンド)場合もあれば、下がり続ける(下落トレンド)場合もあります。
現物取引だと下落相場の局面では損失が大きくなる可能性が高いですが、仮想通貨FXで下落相場でも収益に繋げられる取引が可能です。

※予想に反して相場が上昇した場合は損失を被る可能性があります。

GMOコインの仮想通貨FX取引

  • 「買うことができる価格」と「売ることができる価格」の2種類を同時に提示する2wayプライスを採用
  • 非常にシンプルな価格提示で、注文タイプ、売買の区分、取引数量を指定すればすぐ注文可能
  • 複合注文は3種類(IFD、OCO、IFD-OCO)利用可能

また、GMOコインのFX取引では、注文・約定手数料、またはロスカット手数料、すべて無料で利用できるので、取引コストを気にすることなく取引が可能です。

さらに、即時入金での入金の手数料や出金の手数料もすべて無料とのことですので、仮想通貨FX取引に興味がある方はGMOコインで始めてみるのも良いでしょう。

気になるレバレッジはビットコインが10倍、アルトコインが5倍で取引可能となっています。

専用アプリで、本格的な仮想通貨FX取引が可能

GMOコインの仮想通貨FXは専用のアプリ「ビットレ君」を利用することで本格的な仮想通貨FXができます。

ビットレくんの詳しい内容や使い方については、後半で解説します。

ビットレくんの特徴

  • 新規・決済・ドテン・同一銘柄の全決済注文も1タップで即時に注文可能
  • スピード注文以外にも、OCO、IFD、IFD-OCO注文が利用可能
  • 「スピード注文チャート」で、テクニカル指標を組み合わせながら相場の流れを分析し、狙ったタイミングで注文を出すことが可能

取扱通貨の種類

GMOコインでは、取り扱っている通貨が各機能によって異なります。具体的には下記の通りです。

取引ペア量が特に多いというわけではありませんが、主要な通貨をバランスよく取り揃えています。

販売所

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

取引所

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

仮想通貨FX

  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • リップル(XRPリップル/円(XRP/JPY)

キャンペーン実施中!!

スプレッド大幅縮小チャレンジ

GMO

仮想通貨FXのBTCにおいて、スプレッドが一時的に縮小されるプログラムが開催されています!

「仮想通貨FX BTCスプレッド大幅縮小チャレンジ」では、毎週1回仮想通貨FXにてBTCのスプレッドが100円台まで縮小されるとのことです。

スプレッドの広さはユーザーにとって損益に直結するポイントなので、限られた時間内で多くの注文が集中することが考えられます。

[概要]
毎週1回仮想通貨FXにてBTCのスプレッドが100円台まで縮小されます。
※例外あり

[実施時間]
毎週金曜日 19:00 ~ 19:30(30分)
※祝日を除く
※当社の都合により、予告なく時間を変更する場合がございます。

もれなく20,000 Satoshi プレゼントキャンペーン

GMOコインで口座開設すると、プレゼントキャンペーンでもれなビットコイン(20,000Satoshi)がもらえます。(2019年5月現在)

Satoshi(サトシ)はビットコインの最小単位で、20,000Satoshi = 0.0002BTC相当となります。
口座開設するだけでもらえるのでかなりお得です。

くりぷ豚(株式会社グッドラックスリー)がキャンペーンを実施中!

コラボ豚(トン)が当たる! くりぷ豚(株式会社グッドラックスリー)がキャンペーンを実施中!

ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」の限定アイテムをもれなくゲットできるキャンペーンを実施しています。

くりぷ豚は、豚を育成して、レースをさせるゲームです。
ゲームとしてもクオリティが現在上がってきているのでぜひ一度遊んでみてください!

口座開設に必要なもの

GMOコインで口座開設をする際に、本人確認書類が必要です。

2通りの本人確認書類の提出方法があります。

1.WEBアップロード
・パソコンやスマートフォンから本人確認書類の画像をアップロードする。

本人確認書類の種類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

2.対面(配達業者に本人確認書類を提示する)
・口座開設時に【受取時本人確認】を選択した場合、Web上で本人確認書類をアップロードしなくても口座開設の申請が可能。

・登録内容の社内審査完了後に送付される書類を配達業者から受け取る際に、本人確認書類を提示する。

本人確認書類の種類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※マイナンバー通知カード(顔写真無し)は、本人確認書類として受付されないので注意してください。

5つのステップで口座開設が完了(口座申込最短5分で完了!)

口座の流れは以下の通りです

  • 口座開設フォームからメールアドレスの登録
  • 受信メールのリンクからパスワードの登録
  • サインインと2段階認証の登録
  • 個人情報の登録と本人確認書類の提出
  • 郵送で受け取った書類に記載されている口座開設コード入力

GMOコインは、口座開設の申し込みから完了まで最短で1営業日となっているので、すぐに取引を行いたい方には特にオススメです。

GMOコインの口座開設方法

1.口座開設フォームからメールアドレスの登録

それでは早速GMOコインの口座開設方法を紹介いたします。

まず【GMOコイン】に移動します。

以下の画面から「口座開設」をクリックして口座開設画面に移動します。

以下の画面から

①『登録したいメールアドレス』を入力し、

②ロボット認証にチェックの上、

③『無料口座開設』をクリックします。

クリックすると下のような画面に移り、登録したメールアドレスに連絡が届くことを確認しましょう。

2.受信メールのリンクからパスワードの登録

下の画像のようなメールが確認できたら、メールに記載されているリンク先からパスワードを設定します。

リンクを開くと下のような画面に移動します。
①登録したいパスワードを入力し、②パスワードの確認をし、③設定するボタンをクリックします。

パスワードを設定をすると下のような画面に移動します。
サインイン画面へ移動します。

3.サインインと2段階認証の登録

メールアドレスとパスワードを入力し、サインインします。

電話番号による2段階認証を行います。
登録したい電話番号を入力し、コードを送信するをクリックするとSMSで認証コードが届きます。

届いた認証コードを入力し認証するをクリックします。

認証が完了すると、下のような画面に移動します。
これで設定完了です。

4.個人情報の登録と本人確認書類の提出

アカウントの登録完了後、口座開設申込を行います。

「開設申込へ進む」をクリックすると次のような画面が開きます。
「1.本人確認書類の画像をアップロード」「2.受取時に本人確認をする」
を選択します。

今回は「1.本人確認書類の画像をアップロード」を選択します。

「個人情報の登録」画面が表示されるので入力します。

次に、「本人確認書類のアップロード」画面に進むので
「免許証の表面」
「免許証の裏面」
の写真をアップロードします。

確認が終了すると、完了画面が表示され登録は完了です。

5.郵送で受け取った書類に記載されている口座開設コード入力

ここまで進むと、GMOコイン側で書類の確認審査などが行われます。

審査に問題なければ、登録した住所に【口座開設のお知らせ】が送付されます。
受け取りまでにだいたい1週間程度の期間を要します。

【口座開設のお知らせ】を受け取り、そこに記載された口座開設コードをサインイン後の画面に入力すると、口座開設が完了です。

GMOコイン|サインインの仕方

それでは、GMOコインのサインイン方法を紹介していきます。

まず、【GMOコイン】に移動します。

ホームページに、移動したら、以下の画面から「サインイン」をクリックしてサインイン画面に移動します。

サインイン画面に移動したら、メールアドレスパスワード を入力し、サインインを押します。

二段階認証コードが登録された電話番号に届きます。
認証するを押すとサインイン完了です。

GMOコイン|入金の仕方

GMOコインには、2つの入金方法があります。
即時反映される即時入金と銀行窓口・ATM等から行う振込入金
です。

即時入金

即時入金というのは、提携しているインターネットバンキングやPay-easyを利用することで、銀行振込よりも早く入金ができるというサービスです。

GMOコインの即時入金では対応銀行は以下の通りです。

ネットバンキング
「GMOあおぞらネット銀行」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「ジャパンネット銀行」

Pay-easy
「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」


入金手数料は、無料で24時間365日利用可能です。

即時入金方法

まず、GMOコインにサインインし、「日本円を入金する」をクリックします。

お使いの金融機関を選択します。
ここでは、例にGMOあおぞらネット銀行を選択しています。

入金額を指定し「入金開始」をクリックすれば各金融機関の
ウェブサイトに遷移します。

振込入金

振込入金とは、銀行で振り込む入金方法です。
現在、GMOコインの振込先口座は、「楽天銀行」です。
楽天銀行以外からは基本的に手数料がかかるので振込入金の場合、お得に利用するために
楽天銀行を利用するといいでしょう。

振込入金」をクリックします。

振込入金の受付と反映時間は

 0:00〜8:59 →当日10時半までに反映
 9:00〜16:59 →当日90分以内に反映 
 17:00〜23:59→翌営業日10時半までに反映

となっております。

振込入金方法

まず、GMOコインにサインインし、「日本円」をクリックします。

振込先の口座情報が表示されるので、入金すると完了です。

サポート体制

サポート体制がしっかりしていればそれだけ信頼性が増します。逆にサポート体制が整っていない業者は信頼を失うことにもつながるでしょう。GMOコインのサポート体制は以下のようになっています。

カスタマーセンターの対応力

・ヘルプ
・FAQあり
・24時間365日(電話の場合 平日9時〜17時)

問い合わせ方法

問い合わせフォームまたは電話

GMOコインは電話でのサポートが受けられる数少ない仮想通貨取引業者です。
万が一困ったときに、カスタマーサポートの人と対話できるのは心強いのではないでしょうか。

ビットレ君の使い方

GMOコイン:仮想通貨FXスマホアプリ「ビットレ君」

ビットレくんは、GMOコインが提供する仮想通貨FX専用アプリです。
公式サイトでは、次のように紹介されています。

仮想通貨FXに特化した『ビットレ君』では、スピード注文やチャート描画、テクニカル指標などお取引に必要な機能が整備され、FXユーザーが慣れ親しんだ画面でお取引いただけます。

↓のリンクからダウンロードできます。

GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君
GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君



開発元:GMO Coin, Inc.
無料

サインイン方法

1.アプリを開き「サインイン画面へ」をクリックします。

2.サインイン画面で、事前に登録したGMOコインの「メールアドレス」「パスワード」を入力して、サインインしてください。

成行注文

成行注文値段を指定せずに注文する方法です。

すぐに注文を成立させたい場合に使用します。
しかし、仮想通貨は急な価格変動をする場合が多いので想定外のレートで注文が入ってしまうという可能性があります。
基本的には、スピード重視で注文する方や、急な価格変動中に損切りをする時に使用します。

スリッページ注文した価格と実際に取引された価格の差のことです。

価格変動が大きいときに、成行注文を行う際、スリッページが発生する可能性があります。
この結果、不利なレートで約定する場合があります。
そのためGMOコインでは、スリッページの許容幅を0円〜999円まで設定することが可能です。

通常注文

指値注文売買金額を設定し、設定金額になると自動で売買される注文方法です。

例えば500,000円のときに1BTCを買いたいという注文を出す。
そうするとその金額の売り注文と約定を取り付け、取引が成立します。
そのとき、売り注文側に500,000円の売り注文がなければ、約定は成立しません。
例えばBTCの相場価格が1BTC=750,000円のときには、取引は成立しません。

逆指値注文説定したレートより価格が高くなったら買い、安くなったら売るという注文方法です。

基本的に損切りをする際に、使用されます。
例えば1BTC40万で買い注文で持っている時、損切りを38万で入れるときは逆指値38万で入れます。

OCO

OCOOne Cancels the Other order の略。

2つの注文を同時に出し、どちらかの注文が約定したときもう一つの注文が自動的にキャンセルになる注文方法。

「レートが今よりも高くなるときはこうしたい、逆に安くなる時はああしたい」といった”場合分け”の取引が可能となります。
ポジションを持って張り付いてみる必要がなく【利確】と【損切り】を同時で出すことが可能になります。

IFD

IFDIf doneの略。

2つの注文を同時に出して最初の注文が約定すれば、2つ目の約定が自動発注される注文方法。

IFD注文は、「もし、○○円になったら新規で買いたい。そのあと○○円になったら決済して売りたい」というように、新規注文と決済注文を同時に発注する注文方法です。
必ず【新規注文】→【決済注文】のセットとなります。新規注文から決済注文まで、すべて自動で行えるので便利な注文です。

IFDOCO

IFDOCOIFDとOCOを組み合わせた注文方法です。

指値注文と一緒に利確+損切りの両方の注文をしたいという時に使う方法です。非常によく使う注文方法で一度入れれば自動売買をしてくれるのでリスクを限定する注文が可能です。

スピード注文

スピード注文1タップで即時発注できる注文方法です。

スピード注文画面では、取引数量を入力していただいた後、BID(売)/ASK(買)のどちらかのタブを押すと注文ができ、GMOコイン独自の機能です。

まとめ

今回の記事では、GMOコインの登録の仕方を解説しました。GMOコインには便利なスマホアプリ「ビットレくん」などもあり便利な面や使いやすさにも定評があり非常にお勧めできる取引所です。

今後もOMCNewsでは、GMOコインの販売所、取引所としての使い方や仮想通貨FXについて解説していきたいと思います。

GMOコインの無料口座開設はこちら

次に読みたい記事

GMOコインの使い方と入出金について徹底解説!

https://ohmycrypto.news/articles/116

この記事では、GMOコインの利用方法と入出金についてご説明しています。

【GMOコイン取扱い通貨】おすすめ取引所GMOコインの取り扱い通貨を解説!

https://ohmycrypto.news/articles/149

ビットコインを取り扱っている有名な業者の1つにGMOコインがあります。 この記事では、GMOコインの特徴を取り扱い通貨を解説いたします。

【GMOコインのセキュリティは本当に安心?】人気取引所のセキュリティ対策を解説

https://ohmycrypto.news/articles/131

仮想通貨取引所ハッキング被害が世間を騒がせており、今一度取引所のセキュリティ管理状況について注目が集まっています。現在人気の取引所であるGMOコインのセキュリティ管理についてまとめました。

↓自動売買ロジック研究チームからのオススメ投稿↓

タルムード戦略の詳細記事はこちら

おすすめ記事


この投稿のライター

OMC News編集部アカウントです。仮想通貨を愛する皆様に価値ある情報を届けられるように日々邁進いたします。分散型取引所(DEX)関連の情報や海外仮想通貨取引所に関する情報などにアンテナを立てています。

関連するキーワード


GMOコイン 仮想通貨取引所

関連する投稿


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

Rippleのことを調べていると必ずと言っていいほど目にする【SWIFT】という言葉。国際送金を行ったことがある方はご存知かもしれませんが、知らなかったという方もまだまだ多いと思いますので、今回は「SWIFTってなに?」を一緒に紐解いてみましょう。合わせてRippleを購入する場合にオススメの取引所もご紹介します!


【セキュリティ】Coincheckは安全なの?セキュリティを徹底調査!

【セキュリティ】Coincheckは安全なの?セキュリティを徹底調査!

「ハッキング事件があったCoincheck(コインチェック)で取引して本当に大丈夫?」と不安に思っている方もいるかと思います。今回は事件後サービス再開したCoincheckの安全性やセキュリティ対策を徹底調査したところ、安全性を高めるための様々な対策が取られていることが分かりました。登録するかどうか迷っている人は参考にしてください。


【使い方】Coincheck(コインチェック)の使い方を徹底解説!

【使い方】Coincheck(コインチェック)の使い方を徹底解説!

何かと話題になっているCoincheckですが、仮想通貨の高騰により登録を考えている方もいるのではないでしょうか。 今回はCoincheckの使い方に関してご説明いたしますので参考にしていただけると幸いです。


【手数料比較】Coincheck(コインチェック)の手数料は高いのか?他社取引所と手数料徹底比較

【手数料比較】Coincheck(コインチェック)の手数料は高いのか?他社取引所と手数料徹底比較

「Coincheck(コインチェック)の手数料って高いの?」そんなあなたの疑問に他社と比較して解説します!


最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。


ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

仮想通貨取引所3選

登録方法|利用方法|口座開設の記事一覧