FXの【必要証拠金】っていくら必要なの?

FXの【必要証拠金】っていくら必要なの?

「FX始めたいけど、証拠金っていくら必要なの?」と思っている方が多いかと思います。ここでは必要証拠金とは何か、証拠金維持率とは?について具体的に解説しているので初心者の方は参考にされてください。


FXとは

FXとは「外国為替証拠金取引」(がいこくかわせしょうこきんとりひき)といいます。

簡単に言うと、円やドル、ユーロなどの通貨を買ったり売ったりする取引です。

日本円で米ドルを買った場合「ドルを買い」「円を売る」となります。
他にも、米ドルでユーロを買う(米ドルを売る)などのように、日本円以外にも外貨の売買が可能です。

例えば「本日の外国為替市場のドル円は1ドル108円35銭で、前日と比べて10銭の円安で推移しています。」のようなニュースがよく流れます。
これは、「今はいくらで交換できます」という各通貨の価格(交換レート)を表しており、常に変動するものです。

FXは、この価格変動を利用して差額で利益を得ます。

例えば、交換レートが1ドル100円の時に100ドル買い、交換レートが1ドル101円の時に100ドル売却した場合

購入時:10000円
売却時:11000円

差額1000円が利益となります。

つまり、次の2つのパターンによって利益を狙います。

●「安く買って高く売る」
●「高く売って安く買い戻す」

FXは外貨を投資対象にして、為替レートが変動する仕組みを利用して差益(利益)を狙う取引です。

少ない資金で取引ができる

FXとそれ以外の投資(株など)と大きく異なる点は、レバレッジが効くことです。

このレバレッジとは、「てこの原理」のように、口座に入ってる資金の最大25倍の金額で取引が出来ます。

株や不動産投資をしようとするとまとまった資金が必要ですが、FXはレバレッジが効くことで、少ない資金で始めることができるためとても人気があります。

例えば、1ドル100円のレートの場合、1万ドルを買うためには100万円が必要ですが、レバレッジをかけることで、4万円(=100万円÷25倍)の少額資産で1万ドルを購入することができます。

ただし、だからといって安易にレバレッジをかけた取引は、大きな損失を被る可能性があることに注意が必要です。
レバレッジにより最大25倍の取引ができるということは、逆に25倍の損失を被る可能性もあります。レートは常に変動しており、急激に変動することもあります。そのため急激に変動した場合のリスクも十分に考慮した上でレバレッジをかけることが肝要です。

FXは証拠金を担保に取引をする?

必要証拠金って何?

FXを始めるにはまず、「証拠金」が必要になります。

銀行ローンなどでお金を借りるときに担保が必要なのと同様に、FXでもレバレッジを使った取引をする際に「必要証拠金」という預入れ金が必要となります。

必要証拠金の額はFX口座の種類や通貨ペア、取引量によって必要な額が異なります。
レバレッジ25倍口座の場合、取引額(現在レート×取引数量)の4%分が必要証拠金となります。

必要証拠金 = 通貨のレート ✕ 購入通貨単位 ✕ 数量 ÷ レバレッジ

例:1ドル92円の時に10000通貨購入する場合
92(円)× 10000(通貨)× 1 ÷ 25(倍)= 36800円

分かりづらい方は、DMM.com証券「証拠金シミュレーション」が便利です。


証拠金シュミレーション

有効証拠金って何?

FXでは外貨を買っている状態、または売っている状態のことを「ポジションを持っている」と言い、それぞれ「買いポジション「売りポジション」といいます。

レートは日々変動するため、買いポジションから価格が下落(売りポジションなら価格上昇)すると、含み損となります。

有効証拠金は、FX会社に預け入れている証拠金に保有しているポジションの含み損(含み益)を足し引きした証拠金のことです。

有効証拠金 = 証拠金 ± 含み損(含み益)

例:
証拠金100,000円で、含み損10,000円の場合
100,000 − 10,000 = 90,000円

証拠金100,000円で、含み益8000円の場合
100,000 + 8,000 = 108,000円


有効証拠金から維持証拠金を差し引けば「あといくら取引に使用できるか」がわかります。

取引数量が少なく必要証拠金が小さかったとしても、保有しているポジションが大きな含み損を抱えている場合は有効証拠金は小さくなり、保有ポジションが大きな含み益を抱えていると有効証拠金は大きくなります。

証拠金維持率って何?

証拠金維持率とは、ポジション必要証拠金に対して占める有効証拠金の割合のことです。
簡単に言うと自分の取引がどれぐらい危険な水準なのかを表している値で、この数字が高ければ高いほど安心して(強制ロスカットされる可能性が低い)取引できます。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

例:口座に100,000円
1ドル110円のレートで10,000通貨(100万ドル)を購入
有効証拠金 = 100,000
必要証拠金 = 44,000(110 × 10,000 ÷ 25)
証拠金維持率 = 100,000 ÷ 44,000 × 100 =
227%



相場が下落し、1ドル104円付近まで下がると維持率100%を切る
有効証拠金 = 40,000(100,000 − 60,000(含み損))
必要証拠金 = 41,600(106 × 10,000 ÷ 25)
証拠金維持率 = 40,000 ÷ 41,600 × 100 =
96%


証拠金維持率が一定水準を割り込んでしまうと、「追加で証拠金を入れるなど証拠金維持率を上げることが必要」という主旨のお知らせをするマージンコールや、最低維持率(ほとんどが50%)を下回ると保有しているポジションを強制決済するロスカットが執行されてしまいます。強制ロスカットが執行されるということは「最初に入金した証拠金の全てがなくなる」ということを意味します。

まとめ

FXを行うに当たって、証拠金をしっかり理解しておくことは非常に重要です。
初心者であればあるほど、一攫千金を狙ってギャンブルのように取り組む方がいます。ギリギリの資金でいきなり高いレバレッジをかけて、追証(追加証拠金)を請求される、つまり借金を負うケースは多々あります。

FXは、一攫千金のギャンブルではなく、コツコツと利益を積み重ねていくことが肝要です。不慣れな内はレバレッジを低く設定し、損をしたとしても生活に支障がない余剰資金内で余裕を持って始めるようにしましょう。

おすすめ記事


この投稿のライター

OhMyCryptoNews編集部です。読者の皆様にとって価値ある情報を届けられるよう日々邁進致します。分散型取引所(DEX)に関する情報や海外取引所関連情報にアンテナを立てております。

関連する投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


クラウドファンディングでの投資の違いをわかりやすく徹底解説!

クラウドファンディングでの投資の違いをわかりやすく徹底解説!

クラウドファンディングで投資を行う際は、投資方法の違いを詳しく知ってく必要があります。 クラウドファンディングにはいくつかの投資方法があるため、思っていたのと違ったなどとなってしまわないようにしっかりと違いを理解しておくことが大切です。


クラファンサイト「FUNDINNO」の長所とは?メリット・デメリットを解説!

クラファンサイト「FUNDINNO」の長所とは?メリット・デメリットを解説!

株式投資型クラウドファンディングサイトの「FUNDINNO(ファンディーノ)」は様々な分野のベンチャー企業への投資を少額から始めることが可能です。ではこうした株式投資型クラファンのメリット・デメリットとはどんな点が挙げられるでしょうか。


【初心者向け】FXや仮想通貨チャートの「移動平均線」とは?  

【初心者向け】FXや仮想通貨チャートの「移動平均線」とは?  

FXや仮想通貨における相場を表す指標の一つに「移動平均線」があります。これは様々な相場において行われるテクニカル分析の指標の一つになります。この移動平均線がどういった指標なのか、またどのように活用すれば良いのかを本記事では解説いたします。


【手数料比較】トラリピ(マネースクエア)の手数料は安い?

【手数料比較】トラリピ(マネースクエア)の手数料は安い?

ループ系自動売買FXであるマネースクエアのトラリピが【すべての取引手数料無料】を打ち出しました。そこで、似たサービスであるループイフダンと比較してみました。結論はあまり両者で差は大きくなく、コスト面ではトラリピ・ループイフダン共に優秀です。そのため、ご自身で設定を細かく行いながら検証したい方は、柔軟に設定ができるトラリピをオススメです。


最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。


アイネットFX

仮想通貨自動売買ツール3選

  • 1. QUOREA

    【自動売買初心者にオススメ】料金は取引した分だけ。オリジナルのbotを作成して稼ぐこともできる。Liquidの取引所に対応

    関連記事を読む 公式サイト

  • 2. マネコ

    【トレーダーのランキング有り】レバレッジ取引でのアルトコイン取り扱い通貨種類国内No.1。気になる優秀なトレーダーの取引をそのままコピーできる。

    関連記事を読む 公式サイト

  • 3. CoinTrader

    【アプリから始められる】25種類のbot戦略を選べて、国内19の取引所で利用可能。対応取引所・通貨ペアの数が国内最大

    関連記事を読む 公式サイト

自動売買|bot取引|シストレの記事一覧