【API連携】CoincheckのAPI取得方法から機能まで徹底解説!

【API連携】CoincheckのAPI取得方法から機能まで徹底解説!

CoincheckはAPIを発行している仮想通貨取引所です。 仮想通貨の自動売買に興味がある方は知っておいて損はない情報ですので、是非ともこちらの記事を参考にAPIを利用してみてはいかがでしょうか。


APIを発行している日本の仮想通貨取引所はまだ数えるほどしかありません。
自動売買を行う方にとって、APIを発行している取引所は非常に重宝されます。

これから自動売買を始めようと考えている方も既に行なっており、門戸をCoincheckまで広めようとしている方も参考にしていただけると幸いです。

CoincheckのAPI

CoincheckでのAPIキー取得方法

まずはCoincheckのAPI取得方法に関してご説明いたします。

最初にhttps://coincheck.com/ja/api_settings のURLにアクセスしてください。

アクセスすると、下図のような画面に遷移すると思います。
※ログインしていない方はログインしてください。

下図の画面に遷移したら、新たにAPIキーを追加するという部分をクリックしてください。

すると以下のように、APIキーで利用できる機能を選択することができます。
もちろん、全てにチェックをつけても良いのですがセキュリティのことを考えると、不必要なものは外しておいても構わないと考えられます。

こちらの記事では自動売買に必要だと考えられる項目のみを抜粋してチェックすることにします。

最低限自動売買に必要な項目は以下の通りです。
後は必要にあわせて数を増やしていってください。

自動売買で最低限必要な項目

  • 新規注文
  • 未決済の注文一覧
  • 注文のキャンセル
  • 取引履歴
  • ポジション一覧
  • アカウント情報
  • 残高
  • レバレッジアカウントの残高

ここで注意すべきことがあります。

CoincheckのAPIはIPアドレス制限がかかっています。
要するに、仮にあなたの自宅でAPIを作成した場合、そのIPアドレスはあなたの自宅でしか利用することができません。

「今日は会社で自動売買を行おう」と思っても、同じAPIを利用することはできません。
別のIPアドレスからアクセスが必要となる場合は新しくAPIを作り直す必要がありますのでご注意ください。

少し面倒かもしれませんが、セキュリティを考えると仕方のないことなのかもしれません。


APIキーの作成が完了すると、下図のように作成したAPIキーが表示されます。
「シークレットキーを表示」という部分をクリックすると、シークレットキーが表示されます。
※APIキーは他人に教えないようにしてください。APIキーが盗まれてしまうと、他人が勝手に注文を行えるようになってしまいます。

CoincheckでのAPI機能

次に先ほどチェックをしていただいたAPI機能に関して簡単にご説明いたします。

新規注文や注文のキャンセルなどは見たままの内容なので、混乱しやすい下記3点に焦点を当ててご説明いたします。

未決済の注文一覧...こちらの欄にチェックを入れると、既に注文を行なっているが、まだ決済が完了していない取引の情報を取得することができます。自動売買で指値注文を行う際には不可欠な要素となります。

ポジション一覧...自動売買でレバレッジ取引を行う予定の方は必要不可欠な要素です。自分がロング注文(購入)を入れているのか、ショート注文(売却)を入れているのかということの現状を把握することができます。

残高...こちらの欄にチェックを入れると、現在の自分の残高を取得することができます。もちろん、日本円だけでなく、仮想通貨の残高もチェックできるようになります。


まとめ

今回はCoincheckのAPI取得方法と機能についてご説明いたしました。
APIを利用することで、仮想通貨取引がより行いやすくなる反面、セキュリティ意識を自分でも強く持つ必要があります。

「とりあえず面倒だから全ての項目にチェックをつけてしまえ」と思っていると、勝手に注文を行われてしまったり、お金の借入を行われたりなどと予期していないことが起こるかもしれません。

仮想通貨は実体はありませんが通貨には変わりありません。
しっかりとセキュリティ意識を持って利用することが大切と言えます。

ちゃんと利用すれば非常に便利な機能なので、気になる方は是非とも使ってみてはいかがでしょうか。

この投稿のライター

2018年から仮想通貨を勉強し始めた新参の仮想通貨ライターです。英語の記事翻訳が得意なので、まだ日本語化されていない最新情報を日本語で届けたいと思っています。

関連する投稿


【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

【解説】SWIFTとは?|国際送金のシステムを知ろう

Rippleのことを調べていると必ずと言っていいほど目にする【SWIFT】という言葉。国際送金を行ったことがある方はご存知かもしれませんが、知らなかったという方もまだまだ多いと思いますので、今回は「SWIFTってなに?」を一緒に紐解いてみましょう。合わせてRippleを購入する場合にオススメの取引所もご紹介します!


Coincheck(コインチェック)でリップルを購入・売却する方法を徹底解説!

Coincheck(コインチェック)でリップルを購入・売却する方法を徹底解説!

一時期Coincheckではリップルの送金が停止されていましたが、現在では利用することができるようになりました。coincheckの魅力はなんと言っても【使いやすさ】にあります。「Ripple買いたいけど初心者で不安がある」という方は、まずはcoincheckで購入してみて慣れてきたら、他社取引所も利用してみるというのもよいでしょう。 こちらの記事ではコインチェックでリップルを取り扱う方法を解説いたしますのでご参照ください。


【セキュリティ】Coincheckは安全なの?セキュリティを徹底調査!

【セキュリティ】Coincheckは安全なの?セキュリティを徹底調査!

「ハッキング事件があったCoincheck(コインチェック)で取引して本当に大丈夫?」と不安に思っている方もいるかと思います。今回は事件後サービス再開したCoincheckの安全性やセキュリティ対策を徹底調査したところ、安全性を高めるための様々な対策が取られていることが分かりました。登録するかどうか迷っている人は参考にしてください。


【使い方】Coincheck(コインチェック)の使い方を徹底解説!

【使い方】Coincheck(コインチェック)の使い方を徹底解説!

何かと話題になっているCoincheckですが、仮想通貨の高騰により登録を考えている方もいるのではないでしょうか。 今回はCoincheckの使い方に関してご説明いたしますので参考にしていただけると幸いです。


【手数料比較】Coincheck(コインチェック)の手数料は高いのか?他社取引所と手数料徹底比較

【手数料比較】Coincheck(コインチェック)の手数料は高いのか?他社取引所と手数料徹底比較

「Coincheck(コインチェック)の手数料って高いの?」そんなあなたの疑問に他社と比較して解説します!


最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。