FX相場に影響を与える【経済指標】とは? 重要度が高い指標まとめ!

FX相場に影響を与える【経済指標】とは? 重要度が高い指標まとめ!

FXや株のトレードの際に投資家たちがアンテナを張り巡らせている【経済指標】。これらは各株式相場・為替などの変動に非常に大きな影響をもたらすことがしばしばあります。そもそも経済指標とは何を表しているのか、どういった場合に市場に影響を与えるのかを本記事で解説いたします。


経済指標とは

経済指標とは各国の政府や様々な団体が発表する経済状況を数値化したものになります。


多くのトレーダーがテクニカル分析のみならずこうした経済指標を元にしてトレードを行っています。こうした経済指標の数値によっては相場に大きな影響を与えます。


こうした各国の重要な経済指標の発表前では、トレーダーは相場と指標予想に敏感になるほど重要になります。こうした重要指標の発表などによって受ける影響は「ファンダメンタルズ」による影響といえます。

経済指標の活用方法

主要かつ重要な経済指標の発表前には、様々なメディアで予想値が発表されます。


予想値と発表値が大きく異なる場合には、相場に非常に大きな影響が出るケースがあります。逆に予想値とそれほど変わらない場合にはそこまで影響が出にくいケースが多い傾向にあります。


そのため経済指標の発表前にも様々なメディアの予想値を確認しておくことが重要だと言えます。

主要な経済指標の種類

米国雇用統計

重要度 ★★★★★
発表:毎月第1金曜日


米国雇用統計とはアメリカ合衆国の労働省が発表するものです。全米の企業・政府機関にサンプル調査を実施し、失業率・非農業部門労働者数・建設業就業者数・製造業就業者数などの各雇用情勢を発表しています。この中でも失業率・非農業部門労働者数が相場の変動に影響する非常に重要なファクターになっています。

米国雇用統計は世界中の経済指標の中でもかなり注目されており、FX相場が株式相場にも大きく影響を与えています。また、後述するFOMCなどの金融政策決定などにも非常に大きく影響しています。

FOMC:連邦公開市場委員会

重要度 ★★★★★
年8回開催


FOMCはアメリカ連邦公開市場委員会のことで、アメリカの金融政策に関する情報が発表されます。現在の景気に関する判断や政策金利に関する決定が発表されるため、非常大きな影響を相場に与える指標の一つです。


こうした景気に対する方針が予想と大きく異なる場合、為替レートに非常に大きく影響を与えるため、重要視したい指標の一つです。

日銀金融政策決定会合

重要度 ★★★★★
年8回開催(2日間)


日本の中央銀行である日本銀行が年8回発表する日銀金融政策決定会合は、日銀の決定機関の中でも最高峰のもので、日本の金利政策など金融政策に関する項目に対しての会合になります。


政策金利などの決定事項は国内で非常に注目度の高い指標です。具体的な発表日時は公表されないため、発表間近の期間では為替値動きが非常に激しくなる場合もあります。

ECB(欧州中央銀行)政策金利発表

重要度 ★★★★★
発表:毎月第1木曜日


EUの欧州中央銀行(ECB)における最高意思決定機関が発表する政策金利の発表では、ユーロ圏の金融政策に関する発表を行っています。


ヨーロッパ各国でも様々な金融政策に関する発表はありますが、その中でもこの指標は最重要の項目になります。ユーロ圏の通貨を取引する場合には必ずチェックしたい項目になります。

小売売上高

重要度 ★★★★
発表:毎月中旬


小売売上高は景気動向を探る上では非常に重要な指標になります。この指標はしばしば景気動向に関する先行指標として見られており、百貨店・スーパー・コンビニなど各小売業者の売上高をまとめた指標になります。

消費活動の経済規模は世界の各国で半分以上を占める重要な動向であり、これは経済動向にも大きく繋がっています。そのため世間からの注目も高く、重要度が非常に高い動向と言えるでしょう。

鉱工業生産発表

重要度 ★★★★
発表:アメリカ・日本・ユーロ圏で毎月


鉱工業生産は個人消費や企業消費の動向を知るために非常に重要な指標になります。鉱工業生産で包括されるものとして、コンピュータ、電気製品、自動車などの工業製品の生産高が挙げられます。


コンピュータやコピー機など企業で使われる製品の生産高が多い場合は、企業消費が伸びていることが推察でき、また電気製品や自動車の生産高が増加している場合は、個人(家庭)消費が好調であることが考えられるため、こちらも消費動向を考える上では、小売売上高と同様に重要視されることが多い項目になります。

ADP雇用統計

重要度 ★★★★
発表:米雇用統計発表の2日前


民間の給与計算アウトソーシングの最大手であるADP(Automatic Data Processing)社は、自社が抱える全米約20万社・約2400万人のデータを基にして、雇用統計に関する予測値を米国雇用統計の2日前に発表しています。つまり前述した米雇用統計の先行情報になります。


このADPが発表するデータは、米国雇用統計で発表される指標として重要なファクターである非農業部門労働者数との相関が高いとされており、市場の注目度も非常に高い先行情報の1つとしてあげられます。

GDP(国内総生産)

重要度 ★★★★
発表:各国四半期毎(カナダは毎月発表)


GDP(国内総生産)は各国の経済動向を知る上では欠かせない経済指標になります。

発表の形式に各国で差がありますが、先進国のほとんどで四半期毎の報告をなされることが多いです。国別のGDP報告時期・形式の違いを以下にまとめます。

GDPの報告形式

  • 米国・英国・ユーロ圏:四半期、1.速報値 2.改定値 3.確報値
    (各値は1ヶ月おきに発表)
  • フランス・ドイツ:四半期、1.速報値 2.確報値
    (2.確報値は1.速報値の発表から2〜4週間後に発表)
  • 日本:四半期、1.一次速報 2.二次速報
    (2.二次速報は1.一時速報の約1ヶ月後に発表)

この各値の中で、各国とも注目度が高いのは1番初めに発表される速報値になります。注目度が高いために市場への影響度も高いものになります。

消費者物価指数(CPI)

重要度 ★★★
発表:毎月中旬

消費者物価指数(CPI:Consumer Price Index)とは、消費者が購入するモノやサービスの総合的な価格水準を示すものになります。経済のインフレーションを判断する際に非常に重要視されるものになります。

日本では総務省が毎年中旬に発表しており、調査の対象となる品目は家庭の支出の中で重要度が高いものになります。内容としては食料・住居・光熱・家具・交通の要素から成り立っています。


このCPIから年度ごとに天候や様々な外部要因の影響を受けやすい生鮮食品を除いたものをコアCPIと言います。また、CPIから食料・エネルギーを差し引いたものをコアコアCPIと呼ぶ場合もあります。

まとめ

今回は重要度の高い経済指標についてまとめてみました。


FXに限らず、株式相場などにも影響を与えるような経済指標というのが多く存在します。今回挙げたのはほんのごく一部で、毎日のように各国のどこかが指標を発表するくらい種類としては多岐に渡ります。

指標の中には重要度の低いものもあり、FX相場との相関はそこまでないものもありますが、本記事で紹介したような重要度の高いものに関してはしっかりチェックしておきましょう。

おすすめ記事


この投稿のライター

OhMyCryptoNews編集部です。読者の皆様にとって価値ある情報を届けられるよう日々邁進致します。分散型取引所(DEX)に関する情報や海外取引所関連情報にアンテナを立てております。

関連するキーワード


FX・株

関連する投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


FXの【必要証拠金】っていくら必要なの?

FXの【必要証拠金】っていくら必要なの?

「FX始めたいけど、証拠金っていくら必要なの?」と思っている方が多いかと思います。ここでは必要証拠金とは何か、証拠金維持率とは?について具体的に解説しているので初心者の方は参考にされてください。


クラウドファンディングでの投資の違いをわかりやすく徹底解説!

クラウドファンディングでの投資の違いをわかりやすく徹底解説!

クラウドファンディングで投資を行う際は、投資方法の違いを詳しく知ってく必要があります。 クラウドファンディングにはいくつかの投資方法があるため、思っていたのと違ったなどとなってしまわないようにしっかりと違いを理解しておくことが大切です。


クラファンサイト「FUNDINNO」の長所とは?メリット・デメリットを解説!

クラファンサイト「FUNDINNO」の長所とは?メリット・デメリットを解説!

株式投資型クラウドファンディングサイトの「FUNDINNO(ファンディーノ)」は様々な分野のベンチャー企業への投資を少額から始めることが可能です。ではこうした株式投資型クラファンのメリット・デメリットとはどんな点が挙げられるでしょうか。


【初心者向け】FXや仮想通貨チャートの「移動平均線」とは?  

【初心者向け】FXや仮想通貨チャートの「移動平均線」とは?  

FXや仮想通貨における相場を表す指標の一つに「移動平均線」があります。これは様々な相場において行われるテクニカル分析の指標の一つになります。この移動平均線がどういった指標なのか、またどのように活用すれば良いのかを本記事では解説いたします。


最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。


アイネットFX

仮想通貨自動売買ツール3選

  • 1. QUOREA

    【自動売買初心者にオススメ】料金は取引した分だけ。オリジナルのbotを作成して稼ぐこともできる。Liquidの取引所に対応

    関連記事を読む 公式サイト

  • 2. マネコ

    【トレーダーのランキング有り】レバレッジ取引でのアルトコイン取り扱い通貨種類国内No.1。気になる優秀なトレーダーの取引をそのままコピーできる。

    関連記事を読む 公式サイト

  • 3. CoinTrader

    【アプリから始められる】25種類のbot戦略を選べて、国内19の取引所で利用可能。対応取引所・通貨ペアの数が国内最大

    関連記事を読む 公式サイト

自動売買|bot取引|シストレの記事一覧