クラファンサイト「FUNDINNO」の長所とは?メリット・デメリットを解説!

クラファンサイト「FUNDINNO」の長所とは?メリット・デメリットを解説!

株式投資型クラウドファンディングサイトの「FUNDINNO(ファンディーノ)」は様々な分野のベンチャー企業への投資を少額から始めることが可能です。ではこうした株式投資型クラファンのメリット・デメリットとはどんな点が挙げられるでしょうか。


FUNDINNOとは?

FUNDINNOは株式投資型クラウドファンディングの一種です。この株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式(ベンチャー企業など)をインターネット上(FUNDINNO)で発行することによって、より多くの人から少額の資金を集めるサービスになります。


FUNDINNOは日本初の株式投資型クラウドファンディングとして注目を集め、累計成約件数49件・応募金額18億円を誇るプラットフォームになります。会社情報を以下に記載します。


会社概要

・運営会社 株式会社日本クラウドキャピタル

・設立 2015年

・本社所在地 東京都品川区東五反田5丁目25番18号

・代表取締役 柴原 祐喜

・資本金 3億9360万1570円

・累計応募金額 約18億円

FUNDINNO(ファンディーノ)利用の流れ

ファンディーノで募集する案件に関しては、事前に審査が行われてFUNDINNO上で登録することが可能になります。

審査の内容としては決算書事業計画書をもとにして経営陣を交えて会議が行われ、FUNDINNOのCEO・管理部・事業部・コンプライアンス部の各部門長が許可を出した場合のみ審査通過となります。


その後FUNDINNO上に審査を通過した企業の情報が公開され、投資家からの投資を募ります。この時、投資金額の上限は1年間で50万円であることに注意しましょう。


募集期間が終了するor企業側が提示する目標金額を達成した場合に、投資の募集自体は終了します。その後、投資家は出資金を入金して株式を保有する流れになります。

FUNDINNOのメリット

少額投資が可能

通常の株式取引では、数百万単位のお金が必要になります。FUNDINNOでは少額で投資を始めることが可能です。


具体的にFUNDINNOは複数の取引コースが各企業で用意されているので、数万〜数十万円程度で投資を行うことが出来ます。

投資先の動向でハイリターンを見込める

未公開の株式を発行するベンチャーなどに投資を行なった場合、その企業の動向によっては非常に大きなリターンを受けることが可能であるのがFUNDINNOの最大のメリットとも言えます。


例えば、その投資先の企業がIPO(新規株式公開)M&A(他の企業などと合併・買収)などを実施した場合、出資した投資家に非常に大きなリターンが返ってくる可能性があります。

ですがその可能性は必ずしも大きくない点に注意が必要です。

税制優遇が受けられる可能性がある

中小企業庁ではベンチャー企業への投資を促進するため、ベンチャー企業に投資を行なった場合に税制優遇措置を受けられる制度を設けています。この税制優遇は、投資した時点・株式を売却した時点の両方で受けることが可能です。


投資した時点の税制優遇は投資先の企業の形態によって異なります。投資先が設立から3年未満の企業である場合、(対象企業への投資額ー2,000円)が総所得金額から控除されます。(※上限あり:総所得金額の40%若しくは1,000万円のどちらか安い方)

投資先が設立から10年未満の場合には、対象企業への投資額全額をその他の株式譲渡益(株式売買によって生まれた利益)から控除することが可能です。こちらは上限がありません。


このように、ファンディーノでは上記条件に該当する出資企業が多数存在します。これらに投資することで税制優遇を受けられ、節税できる可能性があります。税制優遇に関しては以下のサイトをご覧ください。

FUNDINNOのデメリット

上限額が設定されている

先述のようにFUNDINNOでは1つの事業体ごとに投資できる上限額が設定されています。(50万円)

そのため、多額の資金を投入してハイリスク・ハイリターンを狙いたい人には余り向く仕組みではありません。ですが投資の基本は分散投資ですので、様々な分野に少額から投資が出来るという点はメリットとして評価できるでしょう。

株式の流動性が低い

FUNDINNOで発行される株式は上場企業の株式のように取引板やそれに基づく気配値などを確認することができません。その為、通常の株式投資と比較するとやはり取引量は少なくなるため、現金化することがすぐには出来ない場合もあります。


また非上場株式の譲渡(売買)には制限があり、譲渡を行う場合には株主総会での承認を得る必要があります。この株主総会で承認を得られるかどうかは必ずしもYesとは言えない状況にあるでしょう。

FUNDINNOに投資する場合は当面動かす予定のない余剰資金を用いて行うようにしましょう。

元本割れするリスクがある

これはFUNDINNOに限ったことではありませんが、こうした株式の売買を行う場合には相場価格の変動が見込まれ、その差益を使って利益を出したい人がほとんどです。

ご存知の通り、投資金額に対して売却金額が下回ることが多々あります。こうしたリスクを踏まえた上で取引を行うことが大前提です。

FUNDINNOの口座登録はこちらから

今回はFUNDINNOを利用する上でのメリット・デメリットについて解説しました。


FUNDINNOは少額投資を行える株式型クラウドファンディングとしては国内で初めてサービスをリリースし、これまでに様々な分野の投資を行った実績があります。

この実績の中には、メリットの項目の中でもあげたIPOやM&Aを達成したケースも存在します。是非これを機に口座開設してみてはいかがでしょうか。

↓口座開設はこちらから↓

FUNDINNO新規口座開設

おすすめ記事


この投稿のライター

OhMyCryptoNews編集部です。読者の皆様にとって価値ある情報を届けられるよう日々邁進致します。分散型取引所(DEX)に関する情報や海外取引所関連情報にアンテナを立てております。

関連する投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


OwnersBook(オーナーズブック)の手数料はいくら?かかる手数料をまとめてご紹介!

OwnersBook(オーナーズブック)の手数料はいくら?かかる手数料をまとめてご紹介!

こちらの記事では、クラウドファンディングで不動産投資をすることができるOwnersBookを利用する際の手数料に関してご説明します。 OwnersBookの利用を考えている方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


クラウドファンディング受け取れるリターンってどのようなものがあるの?

クラウドファンディング受け取れるリターンってどのようなものがあるの?

こちらの記事では、実際にクラウドファンディングで投資をするとどのようなリターンを受け取ることができるのかということをご紹介いたします。 中には非常にユニークなものもありますので興味がある方はぜひ読んでみてください。


【口座開設】OwnersBook(オーナーズブック)の登録方法を解説!

【口座開設】OwnersBook(オーナーズブック)の登録方法を解説!

ロードスターキャピタルが14年9月から子会社のロードスターファンディングを通じて運営するOwnersBook(オーナーズブック)の口座開設を図付きで解説します。銀行融資に比べて返済の優先順位は劣るが、金利が高い融資を実施するOwnersBookは、少額から投資が可能で初心者にも使いやすいサイト構成になっていることから、人気のソーシャルレンディングサービスです。


最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。


アイネットFX

仮想通貨自動売買ツール3選

  • 1. QUOREA

    【自動売買初心者にオススメ】料金は取引した分だけ。オリジナルのbotを作成して稼ぐこともできる。Liquidの取引所に対応

    関連記事を読む 公式サイト

  • 2. マネコ

    【トレーダーのランキング有り】レバレッジ取引でのアルトコイン取り扱い通貨種類国内No.1。気になる優秀なトレーダーの取引をそのままコピーできる。

    関連記事を読む 公式サイト

  • 3. CoinTrader

    【アプリから始められる】25種類のbot戦略を選べて、国内19の取引所で利用可能。対応取引所・通貨ペアの数が国内最大

    関連記事を読む 公式サイト

自動売買|bot取引|シストレの記事一覧