オーナーズブックは怪しい?調査結果を大公開!

オーナーズブックは怪しい?調査結果を大公開!

こちらの記事では、クラウドファンディングで不動産投資をすることができるオーナーズブックの調査結果についてご紹介します。 これから不動産投資を始めようという方や、クラウドファンディングに興味があるという方は参考にしてみてください。


今回は、クラウドファンディングで不動産投資をすることができるオーナーズブックに関する記事となっています。
クラウドファンディングと不動産投資という組み合わせは珍しい掛け合わせですので、詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

詳しく知らないからこそ、「怪しいのではないか?」、「危険なのではないか?」と考えてしまいますよね。
こちらの記事では、クラウドファンディングで不動産投資を行うことができるサービスを提供しているオーナーズブックは怪しいのかどうかという調査結果をご報告していきます。

オーナーズブックは怪しいのか

会社概要から見るオーナーズブック

会社概要
名称 ロードスターキャピタル株式会社(英文名:Loadstar Capital K.K.)
所在地 東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F
設立 2012年3月14日
資本金 13億3,500万円(資本準備金とあわせて26億6,000万円)
役員 代表取締役社長 岩野 達志
事業内容 不動産にかかる仲介・コンサルティング事業、アセットマネジメント事業、クラウドファンディング事業、コーポレートファンディング事業

会社概要を見ていただくとわかるように、オーナーズブックを運営している会社はロードスターキャピタル株式会社という企業であり銀座にオフィスを構えています。

本社が銀座にあることと資本金が準備金とあわせて26億以上あることを考えると、ここまでは怪しいというイメージは全く感じないのではないでしょうか。

会社の設立は2012年となっておりますが、オーナーズブックのサービスは2014年から始まっています。
そう考えると、オーナーズブックだけでも5年ほど続いています。

怪しいサービスであれば、即潰れてしまうのがオチなので5年以上続いているということはそれほど支持されているサービスであると受け取っても大丈夫なのではないでしょうか。

さらに、マザーズ市場に上場していることもあり、会社として怪しいことをしてしまうと即刻株価が下がってしまうため、怪しいことをするリスクの方が大きくなってしまう気がします。

サービス内容からみるオーナーズブック

次にオーナーズブックのサービス内容から怪しい会社なのかということを見ていきます。
オーナーズブックのサービスを一言で表すと、「お金を求めている企業とお金を貸したい人とをつなげるサービス」であるということが言えます。

例えば、Aという建設会社が「新しくマンションを建てたいからお金を貸して欲しい」と考えていたところ、オーナーズブックを利用して「お金を貸すから利子をつけて返して」という方を見つけることができるのです。
お金を借りる側としてもお金を借りれるので嬉しいですし、貸す側としても利子がつくので嬉しいというサービスですよね。

さらに、1万円から投資をすることができるので「少額から初めてみたい」という要望にもしっかりと答えています。
不動産投資と聞くと、多額のお金が必要なイメージがありますので少額から気軽に始めることができるのは嬉しいですよね。

ただ、「貸したお金は本当に戻ってくるの?」という疑問が浮かんでこないでしょうか?
いくら利子をつけて返すと言われても、お金がマイナスになって戻ってきたら誰も使わないですよね。

オーナーズブックは審査が厳しい?

お金が戻ってこないという問題は貸した側にとっては非常に大きなリスクです。

もちろん、オーナーズブック側もそれを理解しており、お金を集める案件はしっかりと審査を行なっています。
オーナーズブックには不動産鑑定士の資格を持っている方が在籍しているため、プロが目利きをした案件だけが掲載されることとなります。

とはいえ、いくらプロが目利きしたと言っても債務不履行のリスクは完全には回避できませんよね。

全ての案件に担保設定がされている

確かにいくら不動産のプロが案件を目利きしたと言っても、完全にリスクを回避することは不可能です。

そこで、オーナーズブックでは全ての案件に対して担保設定を行なっています。
もしお金を借りている側がお金を返せないという状況に陥ってしまっても、担保から資金を回収して投資家に返済されることとなります。

しっかりとリスクまで管理してくれているので投資家側としては非常に嬉しいですよね。

おそらく次に疑問に感じられるのが、「リスクを回避するとリターンも小さくなってしまうのでは?」ということでしょう。
こちらに関してお話ししていきます。

オーナーズブックの平均利回り

オーナーズブックの利回りは、ロードスターファンディング株式会社と借入人の合意により決定されます。
予定利回りとしては、4.0~6.0%となっています。
※下図の公式サイトより引用したものを参照。

銀行の金利がほぼゼロに近いこのご時世において、この利回りは非常に大きいと言えるのではないでしょうか。
リスクも利回りもどちらもおろそかにしないのは素晴らしいですよね。

業績からみるオーナーズブック

今のところはオーナーズブックの怪しい点は見つかっていません。
最後に実際の業績から怪しい点があるかどうか見ていきます。

売上推移

こちらの画像は投資家に向けた資料から引用してきたものです。
2018年から2019年にかけてのロードスターキャピタル株式会社のクラウドファンディング事業は前年比プラス149%となっています。

会社を経営されている方や株式投資を行なっている方ならわかると思いますが、これはとんでもない数字です。
クラウドファンディングが世の中に浸透した影響ももちろんあるとは思いますが、サービスが良いからこその伸びであると言えるでしょう。

会員数と投資金額

こちらも株主用の資料から抜粋してきたものです。
会員数も投資金額も年々とてつもない勢いで伸びていることがわかると思います。

会社の業績から見ても怪しい点は特にないと言えるでしょう。

まとめ

今回はクラウドファンディングで不動産投資を行うことができるオーナーズブックは怪しいのかということに関してご説明いたしました。

会社概要、サービス内容、会社の業績、どこから見ても特に怪しいと感じる点は見つからないという結果になりました。
むしろ、調査を進めれば進めるほど良い点が浮き彫りになり、オーナーズブックに興味を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

少額から不動産投資を行うことができるというのは非常に魅力的なポイントですし、リスク管理もしっかりと行なってくれるという点も嬉しいポイントですよね。

少しでもクラウドファンディングや不動産投資に興味が湧いたという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

オーナーズブックの公式サイトはこちら

おすすめ記事


この投稿のライター

2018年から仮想通貨を勉強し始めた新参の仮想通貨ライターです。英語の記事翻訳が得意なので、まだ日本語化されていない最新情報を日本語で届けたいと思っています。

関連する投稿


オーナーズブックの評判・クチコミを徹底調査!

オーナーズブックの評判・クチコミを徹底調査!

こちらの記事では、オーナーズブックの評判とクチコミに関して調査した結果を公開いたします。 不動産投資に興味があり、オーナーズブックの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

FXにおけるEAとは?【メリット・デメリットを含め徹底解説!】

今回はFXにおけるEAについてご説明していきます。 EAとはどのようなことを指しているのか。 また、EAを用いることで出てくるメリットとデメリットを併せて解説していきます。


【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

【口コミ・評判】TAOTAOの評判|Yahoo!がPayPayとTAOTAOに投資!

今回は新規仮想通貨取引所であるTAOTAOの評判についてご紹介いたします。 TAOTAOはYahoo!が出資している取引所ですが、利用者からはどのような評判を得ているのでしょうか。


30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代で投資を始めるメリットや気をつけるポイントとは?

30代は、20代よりも仕事を任されることも増え少しずつ収入が増えていく年代です。貯蓄も少しずつ増える反面、住宅ローンや子供の養育費など、大きな出費が控えているのもこの年代の特徴です。そんな30代から投資を始めるメリットや気をつけるポイントについて解説します。


【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

【審査落ち多数!?】FUNDINNOの実績はどうなっているの?

こちらの記事では、投資型クラウドファンディングサービスを提供しているFUNDINNOの実績に関してご説明していきます。 クラウドファンディングや資産運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。


COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

COOLは怪しい?運営会社や実績から徹底解説!

こちらの記事では、ソーシャルレンディングサービスであるCOOLは怪しいのかということに関して、会社概要や実績からご説明していきます。 資産運用やクラウドファンディングに興味がある方は参考にしてみてください。


アイネットFX

仮想通貨自動売買ツール3選

  • 1. QUOREA

    【自動売買初心者にオススメ】料金は取引した分だけ。オリジナルのbotを作成して稼ぐこともできる。Liquidの取引所に対応

    関連記事を読む 公式サイト

  • 2. マネコ

    【トレーダーのランキング有り】レバレッジ取引でのアルトコイン取り扱い通貨種類国内No.1。気になる優秀なトレーダーの取引をそのままコピーできる。

    関連記事を読む 公式サイト

  • 3. CoinTrader

    【アプリから始められる】25種類のbot戦略を選べて、国内19の取引所で利用可能。対応取引所・通貨ペアの数が国内最大

    関連記事を読む 公式サイト

自動売買|bot取引|シストレの記事一覧