【楽天ウォレット】の口座開設(新規登録)方法を解説!使い方から特徴など基本情報まとめ

【新規取引所】楽天ウォレットの関連情報まとめ!事前登録方法から特徴など詳しい情報を一挙に解説しています!ご一読くださいませ!

楽天ウォレット(rakuten wallet)とは?

楽天ウォレット は楽天グループの連結子会社です。 楽天カード株式会社より追加出資を受け、資本金13億8000万円という巨額な資本金で運営されていることから、楽天グループが楽天ウォレットに力を入れていることが伺えます。


楽天ウォレットは2019年3月1日に、旧「みんなのビットコイン株式会社」から「楽天ウォレット株式会社」に商号変更しています。 みんなのビットコインを3月末で停止し、4月15日から新サービスの口座開設が開始されました。

楽天ウォレット情報
名称楽天ウォレット株式会社
所在地〒158-0094 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
設立2016年12月15日
資本金13億8千万円
代表取締役山田 達也
事業内容仮想通貨の販売・交換
取扱通貨
  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
取扱ペア
  • BTC/JPY
  • ETH/JPY
  • BCH/JPY
販売所形式楽天ウォレットは【成行注文】での取引になるようです。
アプリ6月から開始予定
取引開始2019年6月開始(新規口座開設は4月15日(月)から申込受付が開始)

楽天ウォレットへ登録する

楽天ウォレットの特徴

楽天というブランド

楽天といえば日本一のeコマース事業である楽天市場やフリーマーケットアプリであるラクマなどの サービスを展開しています。こうしたeコマース事業において、仮想通貨を使ったりすることが可能になるかもしれません。

それ以外にも、楽天銀行や楽天証券、楽天カードなどの金融商品を取り扱うノウハウがあり、仮想通貨に関しても安定した運営が期待できます。そうした楽天としての実績 が楽天ウォレットを利用する上での安心感と言えるかもしれません。

24時間365日の顧客対応できるAIチャット

楽天ウォレットではAIチャットによる顧客対応を実装しています。楽天ウォレットのホームページの右下にはAIチャットというボタンがあります。AIチャットの画面は上のような画面が表示され、 botとして返信してくれるようになっています。

現在はこのAIチャットで利用される方の問題が解決出来ない可能性がありますが、 今後より充実化すると考えられます。いつでも相談することが出来るのは非常に心強いですよね。

楽天ウォレットの口座開設(登録)方法

楽天ウォレットへ登録する

1. 楽天市場のユーザー登録・楽天銀行の口座開設

まず最初に楽天ウォレットのホームページより、 右上の「口座登録」または画面中央の「今すぐ口座開設」のどちらかをクリックし、下記ページにジャンプしましょう。画面中央の画像内リンクは、時間が経つとスライドで画像が切り替わるようになっているので、右上の「口座登録」がクリックしやすいです。

口座開設の新規申し込みには「楽天会員ユーザーID」と「楽天銀行口座」の2点が必要です。まだお持ちでない方は、まずはこの2点の登録・開設を済ませてください。既にお持ちの方はページの下部の「同意して進む」をクリックしましょう。

2. 登録情報の確認

楽天会員ログインを行います。既に所持している楽天会員IDとパスワードを入力しログインしましょう。

楽天に登録した個人情報が表示されるので、間違いがなければ「OK」を選択します。住所などに変更がある場合は、口座登録の段階で修正できます。

3. 各種交付書面の承諾・お客様情報の登録

ここでは以下のような情報を入力します。

交付書類確認・各種情報入力
各種交付書面
  1. 書面の電磁的方法による交付等取扱規定
  2. 個人情報保護方針
  3. 楽天ウォレット総合取引約款
  4. 暗号資産売買の重要事項説明書
  5. 反社会的勢力でないことの確認書

※ 各種交付書面には全てチェックを入れましょう。

お客様情報
  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. 氏名
  4. 生年月日
  5. 性別
  6. 国籍
  7. 外国PEPsの確認
  8. 住所(郵便番号)
  9. 職業
  10. 業種
  11. 楽天銀行の支店番号・口座番号
  12. 内部者取引の確認
  13. 取引目的
  14. 勤務先
  15. 収入源
  16. 投資経験
  17. ニュースレター登録の有無

※ 内部者取引の確認は、一般であれば「いいえ」を選択しましょう。
※ 勤務先では学生の場合、学校名を記入しましょう。

各種交付書面では、内容を確認し全てにチェックを入れて「承諾して進む」をクリックしましょう。

お客様情報入力画面では、既に楽天会員登録時のデータが記入されていますが、誤りがあった場合は修正しましょう。メールアドレスは楽天会員の登録時に使用したものと別のものを使っても構いません。

内部者取引の確認は、[ 特定暗号資産(仮想通貨)の開発プロジェクトをはじめとする団体に所属している、または関係している等の事由により内部情報を取得できる環境にある方は「はい」を選択してください。] とあります。一般であれば、「いいえ」を選択しましょう。

全ての入力が完了したら「次へ」をクリックしましょう。確認画面になりますので、問題がなければ「申し込む」をクリックします。

4. 楽天銀行と接続

最後に楽天銀行とアカウントの接続を行います。ステップ3が終了した時点で、以下の画面が表示されます。「楽天銀行に接続」をクリックしましょう。

ここでは自動引落し設定の確認を行います。「ワンタイムキーを送信する」をクリックすると 登録したメールにワンタイムキー(4桁の英数字)が送信されます。60分以内にワンタイムキーをStep2のフォームに入力し、最後に画面下部の暗証番号のフォームに暗証番号を入力します。最後に「実行」をクリックして手続き完了です。審査が完了すれば、口座開設が完了します。

さいごに

楽天銀行に口座をお持ちの方なら新規申込時の本人確認手続きが不要で、即日に登録が完了します。楽天の自社銀行口座との連携があることで、手数料が安く、口座振替設定で入出金がスムーズなど、他の取引所にはないメリットがたくさんあるようです。

そして、ついに4月15日から新規口座開設受付が開始されました。6月のサービス開始(予定)以降、登録申請が混み合うことも予想されますので、事前登録期間中に口座開設しておくことをオススメいたします。

楽天ウォレットへ登録する


楽天ウォレット口座開設&使い方

楽天ウォレットの口座開設登録方法と評判を徹底解説!

楽天ウォレットはオンラインショッピングモールとして超有名な楽天社の初めて仮想通貨事業です!ここでは楽天ウォレットの口座開設・登録方法からその特徴やメリットデメリットまで詳しく説明させていただききます!


楽天ウォレット口座開設&使い方の投稿一覧

【リスク】楽天ウォレットの利用時のリスク|利用者がまだ少ないため決済サービスにはしづらい?

【リスク】楽天ウォレットの利用時のリスク|利用者がまだ少ないため決済サービスにはしづらい?

新規仮想通貨取引所の楽天ウォレットですが、利用する上で考慮しておくべきリスクはあるのでしょうか。 この記事では、考えられるリスクをまとめてご紹介いたします。


【メリット・デメリット】楽天ウォレットの実情を徹底解説|4月15日から新規口座開設受付が開始!

【メリット・デメリット】楽天ウォレットの実情を徹底解説|4月15日から新規口座開設受付が開始!

楽天グルーブの子会社である楽天ウォレット株式会社が運営している楽天ウォレットですが、どのようなメリット・デメリットが考えられるのか分析していきます。 仮想通貨を始めている人もそうでない人も今後の取引所選びの参考にしてみてください。


【取扱通貨】楽天ウォレットの取扱通貨|6月にスマホアプリの導入予定

【取扱通貨】楽天ウォレットの取扱通貨|6月にスマホアプリの導入予定

楽天グループの連結子会社で、仮想通貨交換業を運営する楽天ウォレット株式会社が提供する仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」の取扱通貨について解説いたします!


【口座開設】楽天ウォレットの口座開設・登録方法|画像付き解説

【口座開設】楽天ウォレットの口座開設・登録方法|画像付き解説

楽天グループの連結子会社で、仮想通貨交換業を運営する楽天ウォレット株式会社が提供する仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」の口座開設方法について解説いたします!


【入出金方法】楽天ウォレットの入出金方法|サービス開始予定は6月(随時更新)

【入出金方法】楽天ウォレットの入出金方法|サービス開始予定は6月(随時更新)

楽天グループの連結子会社で、仮想通貨交換業を運営する楽天ウォレット株式会社が提供する仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」の入出金方法について解説いたします!


【手数料】楽天ウォレットの手数料は?|取引手数料が無料で初心者におすすめ

【手数料】楽天ウォレットの手数料は?|取引手数料が無料で初心者におすすめ

楽天グループの連結子会社で、仮想通貨交換業を運営する楽天ウォレット株式会社が提供する仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」の手数料は高いのか解説いたします!


【セキュリティ】楽天ウォレットのセキュリティは?|コールドストレージで管理してるから安心?

【セキュリティ】楽天ウォレットのセキュリティは?|コールドストレージで管理してるから安心?

楽天グループの連結子会社で、仮想通貨交換業を運営する楽天ウォレット株式会社が提供する仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」のセキュリティは高いのか解説いたします!